“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

神に見られている

眼鏡を初めてかけたとき、世界がくっきり見えました。私は近視なので、近くの物はよく見えますが、遠くのものはぼやけて見えます。12歳の時に眼鏡をかけ、黒板の字や小さな木の葉、そして何よりも、みんなの笑顔がはっきり見えて感激しました。挨拶すると笑顔が返ってきて、私は見られることは、見ることと同じぐらい大きな恵みだと学びました。

奴隷のハガルは、女主人サライのいじめから逃げ出したとき、その恵みに気づきました。彼女は、社会の底辺にいる身寄りのない妊婦でした。砂漠に逃げ出しても助けも望みもありません。しかし、神が見ておられると知って勇気をもらい、神を見上げました。神はもはや、曖昧な概念ではなくリアルな存在となり、彼女は 「エル・ロイ」と呼びました(創16:13)。それは「ご覧になる方」という意味です。

神は私たちをもご覧になっています。孤独で無力で、透明人間のようだと感じていても、神はあなたを、そして、あなたの未来を見ておられます。そして、私たちは、神の内に、希望や勇気、救いや喜びを絶え間なく見ています。この驚くべき目の力を今日、ほめたたえましょう。私たちは、唯一真実の神、生きて働かれる神を見ています。

at デイリーブレッド公式サイト  from Patricia Raybon

ほめられるべきお方

巨大で悲しげな眼をした人や動物を描いた奇妙な絵が、1960年代の初め頃、評判になりました。妻の作品を夫が売り込み、夫婦はどんどん金持ちになりました。しかし、制作者のマーガレット・キーンは作品に署名をしていません。彼女の夫は妻の作品を自分のものと偽っていたからです。マーガレット・キーンは、この男性と離婚するまでの20年間、この詐欺行為を伏せていて、内心、恐れていました。これらの絵画の本当の作者が誰なのかは、法廷で争われました。

マーガレットの前夫のペテンは明らかな悪事ですが、クリスチャンも、才能や指導力、他人に対する親切を自らの功績のように考えてしまいがちです。これらの賜物や善行は、仮に自分が行ったとしても、すべて神の恵みのゆえに実現したはずです。預言者エレミヤは、へりくだらず、悔い改めない民の心を嘆きました(エレ9章)。神は人に己の知恵や力、そして富を誇るな、と言われます。誇るべきことは唯一、「地に恵みと公義と正義を行う」お方、神を知っていることだと語られます(24節)。

自分を造ってくださった本当の芸術家を知るなら、私たちの心は感謝に満ちあふれるでしょう。聖書は「すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は…父から下るのです」(ヤコ1:17)と語ります。すべての評価と称賛は、才能や良いものを与えてくださった神のものです。

at デイリーブレッド公式サイト  from Cindy Hess Kasper

明かりをつけて生きる

私は同僚と約400キロ離れた町に出張し、夕方になってから帰宅の途につきました。年齢のせいで夜の運転は不安でしたが、最初にハンドルを握ることにしました。目を凝らして薄暗い夜の道路を運転している間、後ろの車のライトが前方を照らす時はよく見えると思いました。同僚が運転を代わってくれたときはホッとしました。その時です。私はヘッドライトではなくフォグライトをつけて運転していたことが分かりました。

詩篇119篇は、神のみことばが日々の生活のともしびだと分かっている人が作った詩です(105節)。しかし、あの夜の高速道路の体験に似たことは、よくあるのではないでしょうか。私たちは懸命に見ようと無駄な力を使いますが、結局、最善の道から外れてしまうことがあります。神のみことばをともしびにすることを忘れてしまったからです。詩篇119篇は、きちんと明かりをつけるように勧めます。そうするなら、私たちは自らをきよく保つ知恵を得て(9-11節)、横道に逸れないように気をつけようと改めて思うでしょう(101-102節)。明かりをつけて生きていくなら、詩篇の作者の「どんなにか私は、あなたのみおしえを愛していることでしょう。これが一日中、私の思いとなっています」(97節)という賛美は、私たちの賛美となるでしょう。

at デイリーブレッド公式サイト  from Arthur Jackson

本当の自分を見つける

色あせたぬいぐるみが「きみは いったい だれなのさ」と自分に問います。ミック・インクペンの児童書「ぼくのなまえはイラナイヨ」の主人公は、屋根裏に置き去りにされたぬいぐるみです。家の人が引っ越す時に「それはいらないよ」と言ったのを聞き、それが自分の名前だと思いました。

しかし、他の動物との出会いが記憶を呼びさまします。イラナイヨは、自分に尻尾、ひげ、しま模様があったと思い出します。家に戻る手助けをしてくれた虎猫と出会って、自分は「トビイ」という名の、猫のぬいぐるみだったと思い出しました。彼の持ち主は、耳や尻尾、ひげやしま模様を、再び付けてくれました。

この本を読むたびに、自分は誰だろうと考えます。使徒ヨハネは、神は私たちを神の子どもと呼んでくださると、信徒たちに語りました (Ⅰヨハ3:1)。私たちは、神の子どもの何たるやを完全に理解できませんが、キリストにお会いするときには、キリストに似た者になっています(2節)。罪で汚れた私たちもいつの日か、あのトビイのように本来の姿を取り戻します。今は一部分しか分かりませんが、互いの中に神の姿を見つけます。しかし、イエスにお会いするその時は、神が元々意図されていたアイデンティティを回復します。私たちは新しくされます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Amy Peterson

愛と平安

深い悲しみの中にいても、言葉では説明できない平安で心が満たされることに驚かされます(ピリ4:7)。それを父の葬儀で体験しました。弔問客が長い列を作り挨拶して通り過ぎる中、高校時代の友人の顔が見え、ホッとしました。彼は黙ってハグをしてくれました。辛く悲しい一日の中で、心が平安で満たされていくのを感じ、決してひとりではないと元気づけられました。

神の平安と喜びは、逆境にストイックに耐えるご褒美ではありません。ダビデが詩篇16篇で語っているように、神に身を避ける選択をすると贈り物のようにやって来ます(1-2節)。

私たちは目をそらしたり、気を紛らわせたりして、死の痛みをしばらくは感じないようにできるかもしれませんが、やがては大きな痛みとなって戻ってきます(詩16:4)。

そうならない道は、神に向き合うことです。そして、たとえ理解できなくても、痛みや悲しみがあっても、神がくださった人生は美しくて良いものだと信頼するのです(詩16:6-8)。私たちは、自らを神の愛の御腕に明け渡すことができます。神の御手は、死によってさえ打ち消されることのない平安と喜びに、私たちを連れて行ってくださいます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Monica Brands

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki