罠にかからない

ハエトリグサはノースカロライナ州の砂地の湿地帯で発見された食虫植物です。甘い香りの蜜で花の形をした罠の中に虫をおびき寄せます。そして虫が入るやいなや、花弁のセンサーが働いて瞬時に罠が閉まります。そして獲物を締め付けながら酵素をかけ、ゆっくりと消化し、土からは得られない栄養分を摂取します。...

鮮やかな光の中で

伯母のセレナが10歳の誕生日にくれた眼鏡をかけるや、ザビエル・マクーリーは泣き出しました。彼は生まれつきの色覚異常で、灰色の世界しか知りません。色覚補正眼鏡のおかげで、初めて色を見たのです。彼の感激を目の当たりにした家族は、奇跡が起きたように感じました。...

神の目に麗しい

ボーイフレンドができると、デニスはダイエットをしたり服装にも気を配ったりしました。彼に魅力的だと思われたかったからです。結局のところ、どの女性誌もそう語っているではありませんか。ところが、彼は「君がぽっちゃりしていて服に無頓着だった時も、今と同じぐらい好きだったよ」と言いました。そのときデニスは、美しさとは何と主観的なものだろうと思いました。...

御子に従う人たち

ひまわりは発芽の場所を選びません。野原や草原、川べりや道端でひょっこり芽を出します。しかし、実を結ぶには、良い土地が必要です。「農事暦」によると、水はけが良く、栄養分に富んだ弱酸性の土地に「有機成分又は堆肥」を加えて育てると、美味しい種が実り、純正のヒマワリ油が取れて、農家の生計を潤します。...

サッカーと羊飼い

英国のサッカーで面白いのはチームの歌です。ファンが試合開始時に歌うのですが、歌詞は楽しいもの、妙なもの、驚くものもあります。例えば、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンは、詩篇23篇を歌います。スタジアムの正面にみことばが映し出され、良き羊飼いのご加護が、試合を見に来た人々にあるようにと高らかに歌い上げます。...

見えない現実

雑誌「ディスカバー」の編集者スティーブン・カスは、日常生活の中にある目に見えない物を探求しようと決めました。ニューヨークの事務所に向って歩きながら「もし電波が見えるなら、電波塔でもあるエンパイア・ステート・ビルの屋上は万華鏡のように輝き、街全体を照らしている」と思ったのです。彼は、自分がラジオやテレビ、Wi-Fiなどの目に見えない電波に囲まれていることを自覚しました。...