Pages

Tuesday, May 31, 2022

希望で嵐を突き抜ける

数名の竜巻追跡人たちが、2021年春、テキサス州で発生した竜巻とその横に現れた虹のビデオを撮影しました。その一つには、長い麦の穂が渦巻く風の力でしなり、鮮やかな虹が灰色の空に曲線を描いて竜巻に向かって伸びている様子が写っていました。道路わきに立って、ねじれたじょうごの形をした雲の脇にはっきり表れた希望のシンボルを撮影する人もいました。

詩篇107篇の作者は、困難な時には神を求めて、希望と元気をもらうことを勧めています。嵐の中で「知恵はことごとく吞み込まれ」ても、「この苦しみのときに 彼らが主に向かって叫ぶと主は彼らを苦悩から導き出された」(27-28節)と語ります。

神はご自分の子どもたちが嵐の中で希望を見いだせずに苦闘することを理解しておられます。波乱続きで先が見通せない時は、神の忠実さを思い出すことが肝要です。

私たちの嵐が、降りかかった難題、心の葛藤、心理的なストレスなど、それが何であっても、神はそれを鎮められ、安全な場所に導いてくださいます(29-30節)。それは私たちの望む時や方法ではないかもしれません。しかし、神は聖書に記された約束を守られます。変わることのない神の希望は、どんな嵐にも負けません。


from デイリーブレッド