Pages

Friday, April 22, 2022

アースデイの感謝

アースデイは地球環境を守る行動を提唱する日で、毎年4月22日です。2010年の実施以来、約200カ国10億人以上が様々なイベントに参加しています。しかし、環境保全という命令は、アースデイの制定のずっと前、すなわち、万物が創造された時にすでに発せられていました。

私たちは神が全宇宙を創造されたと創世記から学びます。神は地球を人類が住む星にされました。そして、山や草原だけでなく、エデンの園をも造られました。それは、そこに住むものにとって、食べ物や休む場所、そして美のある豊かな場所でした(創2:8-9)。

神は大切な被造物である人に息を吹き込まれ、エデンの園に人を置かれました(7-8節)。そして、耕し、守るという任務を与えられました(15節)。アダムとエバが園から追い出されると、神の被造物の世話は困難を伴うようになりました(3:17-19)。しかし、神は今に至るまで、地球とそこに生きる物たちを自ら守っておられます(詩65:9-13)。そして、私たちにも同じようにするよう求めておられます(箴12:10)。

住んでいる場所が都市であれ、田舎であれ、私たちは自分に託された場所の面倒を見なくてはなりません。自然環境を守る行動を通して、この美しい星をくださった神に感謝を表しましょう。


from デイリーブレッド