Pages

Monday, January 31, 2022

涙を謝らないで!

カレンは夫に先立たれ、子どもたちを養うために必死でした。教会の友人たちが、彼女たち家族を楽しませようと週末キャンプを企画すると、カレンは感動して涙し、泣いてしまったことを何度も謝りました。

なぜ人は泣いてしまうと謝るのでしょう。パリサイ人シモンはイエスを夕食に招きました。食事中、罪の人生を送っていた女性が、香油の入った石膏のつぼを持って部屋に入ってきました。彼女は、泣きながら、イエスのうしろで御足のそばに立ち、涙で御足をぬらし始め、髪の毛でぬぐい、御足に口づけして、香油を塗りました(ルカ7:38)。この女性は、イエスに対する愛をはばかることなく表し、主の御足をぬぐうために髪をほどきました。主に対する愛と感謝が、涙やかぐわしい口づけになりました。その行動は、いんぎん無礼なこの家の主人とは対照的でした。

イエスの反応はどうだったでしょう。彼女の熱烈な愛の発露をほめて、彼女は赦されていると宣言されました(44-48節)。

感謝の涙でさえこらえようとすることがあります。しかし、神は感情を持った存在に私たちを造られたので、私たちは感情で神をたたえることができます。私たちの必要を満たしてくださるよいお方なる主に、あの香油の女性のように、はばかることなく愛を伝えましょう。


from デイリーブレッド