Pages

Friday, January 28, 2022

神を信頼する

ホイットニーは出産予定日の6週間前、妊娠による肝機能障害の胆汁うっ滞症だと診断されました。動揺しながらも即入院して治療を受け、24時間以内に分娩誘導すると言われました。ところが、その病院の別の病棟では、新型コロナウィルス感染者の受け入れ準備が進んでいました。その結果、彼女は家に帰されたのです。彼女は、神を信頼しようと決めました。そして、数日後、健康な赤ちゃんを出産しました。

聖書のみことばが心に根付くと、試練に際しての応答が変わります。エレミヤの生きた時代、国々は軍事同盟と偶像崇拝に頼っていました。彼は、この人たちを「肉を自分の腕とし、心が主から離れる者」(エレ17:5)と語りました。一方、「主を頼みとする者に祝福がある……。その人は、水のほとりに植わった木のように、……暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って」(7-8節)いると預言しました。

キリスト者は信仰によって生きよと命じられています。解決を神に求めるのです。私たちは、神に力をいただいて、試練を恐れるか、神を信頼するかの選択ができます。神を頼みとする人には、祝福と満足があります。


from デイリーブレッド