Pages

Monday, January 24, 2022

巧の手

マイアミビーチのある店が、1952年、「壊したら買い取ること」と張り紙をしました。不注意な客が商品を壊すことを防ぐためです。今では多くの店が同様の警告をしています。

ところが、ある陶芸家の店には、別の張り紙があるかもしれません。「壊しても、もっとよいものを作ります」。それが、エレミヤ書18章が述べていることです。

預言者エレミヤが、陶器師を訪ねると、彼は制作中の器をこわし、ほかの器に作り替えていました(4節)。神は巧みな陶器師、私たちは粘土だ、と思い出させる一節です。神は主権者で、御手の業で、私たちの内の悪を滅ぼし、私たちの内に美を作ることができます。

神は、私たちが破損していても、作り替えることができます。粉々になっていても、巧は、その破片で素晴らしい器を作れますし、そうしたいと願っておられます。私たちの壊れた人生、失敗、過去の罪は、神にとっては使える素材です。その破片を拾い上げて、一番良いと思われる形に作り替えてくださいます。

私たちは壊れていても、神にとっては限りなく価値ある存在です。この巧の手にかかれば、壊れた人生の断片は、主のご用に用いられる美しい器に作り替えていただけます(4節)。


from デイリーブレッド