Pages

Tuesday, December 21, 2021

神の羅針盤

第2次世界大戦の最中、商船アルコア・ガイド号は、ノースカロライナ沖合500キロの付近を航行中に、浮上してきたドイツの潜水艦に遭遇しました。そして、砲撃を受けて炎上、沈没しました。機関士のワルデマー・セメノフら乗務員たちは、救命艇を海に降ろし、船の羅針盤を頼りに航路に戻ろうとしました。そして3日後、偵察機に発見されました。翌日、彼らは駆逐艦ブルームによって救助されました。羅針盤のおかげで、セメノフら27人の命が救われたのです。

詩篇の作者は、神を信じる人々には、聖書という人生の羅針盤が備えられていることを思い起こさせてくれます。彼は、みことばが人生航路を照らす「ともしび」(詩119:105)だと語ります。彼の人生が荒波にもまれていた時も、聖書が、霊的な経度と緯度を知らせ、ここまで生き延びてきました。ですから、彼はその「ともしび」によって方向を示し、神の住まいにまで導いてくださいと祈ったのです(43:3)。

キリスト者は、道に迷ったとしても、神が聖霊と聖書の諭しによって導いてくださいます。聖書を読み、学び、その諭しに従うことで、神に心を作り変えていただきましょう。


from デイリーブレッド