Thursday, November 25, 2021

感謝の心

古代ローマの偉大な哲学者セネカ(紀元前4年~西暦65年)は、皇妃メッサリナに姦淫の罪を告発され、元老院に死刑を宣告されました。しかし、皇帝クラウディウスは、コルシカ島への流罪に処したのです。おそらく、告発が虚偽だと思ったのでしょう。この減刑が、感謝に関するセネカの考えに影響を与えたのかもしれません。彼は、次のように書き残しました。「殺人、圧制、窃盗、姦淫、強盗、冒涜、反逆は、常に存在するが、それを超える重罪は、恩知らずという罪だ」

彼と同時代に生きていた使徒パウロも、同感だったかもしれません。ローマ人への手紙1章21節には、人間の堕落のきっかけは、神に感謝しなかったことだと書いています。また、コロサイの教会に宛てた手紙には、「あふれるばかり感謝しなさい」(コロ2:7)、「また、感謝の心を持つ人になりなさい」(3:15)、「目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい」(4:2)と、語っています。

神は、敬愛と礼拝だけでなく、心からの感謝を受けるべきお方です。あらゆる良いものは神から来るからです(ヤコ1:17)。

主にあっていただいたすべてのものを思い浮かべれば、感謝は自然に湧き出ます。神の恵み深さに感謝をささげましょう。


from デイリーブレッド