Saturday, November 20, 2021

もうむなしくない

精神科医のマデリン・レヴィンは、15歳の少女が自傷行為の跡をシャツの袖で隠していると気付きました。彼女が袖をまくると、カッターナイフで「むなしい」と彫った傷痕がありました。彼女は心を痛めながらも、少女が本気で助けを求めていると分かって感謝しました。

この少女の姿は、多くの人の心を代弁しています。ヨハネは、イエスが来られたのは、むなしさを満たし、いのちを豊かに与えるためだと語ります(ヨハ10:10)。神は満たされた人生を望む心を万民に与えられました。また、愛し愛される関係を結ぶことを願われています。一方、人や物、また状況を利用して、この「いのち」を奪おうとする「盗人」がいると警告もされています(1、10節)。盗人が主張する「いのち」は偽物で、イエスだけが真の永遠のいのちをくださいます。そして「だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません」と約束されます(28節)。

むなしいなら、イエスを求めましょう。深刻な悩みがあるなら、神に従っている人に相談しましょう。豊かないのちをくださるのはキリストです。そこに人生の意味があります。


from デイリーブレッド