Thursday, November 18, 2021

壊れた私

コリンは妻とインテリア用品店で絵を探していましたが、気になる物があったので、妻を呼びました。それは右側に「グレイス」という文字が入った陶器の置物でしたが、反対側には2本のひび割れがありました。妻のジョーダンは、壊れていると言って別の物を探そうとしましたが、コリンは「いいんだ」と止めました。「僕たちは壊れている、だから恵みが訪れるんだ」と言い、ふたりはそれを買うことにしました。レジに持っていくと店員が「あらまあ!壊れているわ」と声を上げました。ジョーダンは静かに「ええ、分かっているわ。私たちもよ」と応じました。

壊れた人とは、どんな人でしょう。ある人は、どんなに頑張っても、自分で自分を良くする努力は報われず、むしろ悪化させると理解した人だと定義しました。つまり、神と神の介入が自分の人生に必要だという認識を持った人です。

使徒パウロは、壊れた人とは「自分の罪過と罪との中に死んでいた者」と表現しています(エペ2:1)。「あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、…生かし、――あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです――」(4-5節)と語ります。このみことばは、赦され、癒やされたいという人に対する応答です。

恵みの神は、壊れた人を癒やしたいと願っておられます。


from デイリーブレッド