Sunday, October 10, 2021

人の心の必要を尊重する

新型コロナウイルスの蔓延で外出を控える人が増えましたが、私は、水泳は大丈夫だと思っていました。しかし妻は、プールでウイルスをもらって高齢の姑にうつすかもしれないと心配しました。高齢者は重症化リスクがより高いそうです。彼女は、しばらく水泳をやめてもらえないかしらと言いました。

私は、危険はほとんど無いと答えようとして、彼女の気持ちのほうが大切だと気付きました。妻を心配させてまで水泳にこだわる必要はありません。

使徒パウロは、キリスト者が特定の食べ物を食べたり、特定の祝日を守ったりすることの是非について、ローマの教会に教えました(ロマ14章)。自分の考えを押し付ける人たちを問題視したのです。彼は、同じキリスト者であっても、違った観点を持っていると語りました。考えや行動は、文化や家庭環境などに影響されます。彼は「私たちは、もはや互いにさばき合うことのないようにしましょう。いや、それ以上に、兄弟にとって妨げになるもの、つまずきになるものを置かないように決心しなさい」(13節)と語りました。

神の恵みは大いなる自由を与え、その自由は、仲間を愛する助けとなります。福音の基となる真理に反する場合は別として、自分の規則より他の人の心の必要を尊重しましょう。そのために自分の自由を使いましょう(20節)。


from デイリーブレッド