Tuesday, June 15, 2021

神の配慮

大きな音に驚いて外に出ると、窓に激突した鳥がデッキに倒れています。息はあるようですが動きません。どうか助かって…と思いました。

イエスは十二弟子に、汚れた「霊どもを追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやすため」に、「霊どもを制する権威をお授けに」なり(1節)、外の世界に派遣されました。この権威は喜ばしいことですが、他方、社会の上層部の人や家族を含む多くの人たちに反対されたり、悪魔に罠を仕掛けられたりするかもしれません(16-28節)。しかしイエスは次のように言われ、弟子たちを安心させられました。「二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。…だから恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です」(29-31節)。

イエスは恐れてはならないと言われました。なぜなら、彼らは神の御手の内にいるからです。

私は、あの鳥を一日中気にして何度も見に行き、助かるようにと祈りました。私でさえ一羽の鳥にこれほど心を寄せたのですから、神の配慮はもっと大きいに違いありません。私たちのことをどれほど親身に思っておられるでしょう。


from デイリーブレッド