Thursday, May 6, 2021

絶望の中の希望

スヌーピーの漫画で、ルーシーが「気の病」を5セントで助けると宣伝しました。ライナスは、彼女のところに行って、ひどく落ち込むと言い、どうすればいいのかと尋ねました。ルーシーは即座に「さあ元気を出して!はい、5セント」と応じました。

このような漫画に一瞬にこりとしつつも、実際、悲しみや憂鬱な気持ちは簡単には消えません。絶望感は侮れるものではなく、専門家に相談すべきときもあります。

ルーシーのアドバイスは悩みの解決に役立ちませんが、詩篇88篇は役に立ちます。深刻な問題が押し寄せると、作者は、自分の正直な心を神に注ぎ出しました。「私のたましいは、悩みに満ち、私のいのちは、よみに触れています」(3節)、「あなたは私を最も深い穴に置いておられます。そこは暗い所、深い淵です」(6節)、「私の知人たちは暗い所にいます」(18節)と。

彼の痛みを感じますか。共感する人もいるでしょう。しかし、その嘆きは、希望につながります。彼は「主、私の救いの神。私は昼は、叫び、夜は、あなたの御前にいます。私の祈りがあなたの御前に届きますように。どうか、あなたの耳を私の叫びに傾けてください」(1-2節、参照9節、13節)と祈ります。

状況が深刻で、医療カウンセリングや投薬などが必要になることもあります。しかし、神への希望を捨ててはいけません。


from デイリーブレッド