Tuesday, May 25, 2021

ギアをニュートラルに

軽トラックの運転手は、ドライブスルー洗車機に入る直前、下りて車の後ろに回り、回転ブラシに引っかからないように牽引フックをはずしました。そしてお金を払って、自動走路に入りましたが、ギアがドライブに入ったままでした。係員が「ニュートラルに!」と叫びましたが、窓が閉まっていて聞こえません。車はほとんど濡れず、たった4秒で通過しました。

エリヤもひたすら突き進んでいました。バアルに仕える預言者たちと対決し、神の超自然的な力で打ち勝ちました(Ⅰ列18:16-39参照)。しかし、精魂つき果てました。回復の時が必要です。神は、エリヤをホレブ山に連れて行かれました。その昔、モーセにご自身を現されたところです。

神は再び、山を揺り動かされましたが、岩を砕く風にも、地震の中にも、火の中にもご自身を現されません。しかし、細い声がエリヤの耳にかすかに聞こえました。「エリヤはこれを聞くと、すぐに外套で顔をおおい、外に出て」神にお会いしたのです(Ⅰ列19:13)。

私たちも神の働きを担っています。救い主のために役に立とうと日々忙しくしています。しかし、ギアをニュートラルに切り替えないなら、人生を猛スピードで突っ走り、注がれる神の御霊を受け損ねてしまいます。神は「静まって、わたしこそ神であることを知れ」(詩46:10 口語訳)と言われます。


from デイリーブレッド