Wednesday, May 12, 2021

新しい視力

左目の手術をした後、視力検査をしました。右目をおおって視力表を見ると、簡単に読めました。次に左目をおおって驚きました。こんなに見えていなかったとは。

眼鏡を直してもらう間、私は、霊の目も近視だと思いました。ころころ変わる状況や身体の痛みなど、近くのことだけに焦点を絞ると、永遠に不変の神の誠実さが見えてきません。このように視野が狭いと、希望がぼやけてしまいます。

サムエル記第一1章には、目下の苦悩や不安に気を取られ、神が信じられなくなっている女性が登場します。その人、ハンナは、不妊や夫のもうひとりの妻のいじめに長年苦しんできました。夫は愛してくれますが、それだけでは足りません。ある日、その辛い気持ちを神に正直に祈りました。祭司のエリにたしなめられた時も、状況を説明しました。エリは神が彼女の願いをかなえてくださるように祈りました(Ⅰサム1:17)。状況はすぐには変わりませんでしたが、ハンナは希望と確信をもって帰宅しました(18節)。

ハンナの祈りは、彼女の視点が変わったことを示しています(Ⅰサム2:1-2)。それは、状況が好転する前に、彼女の物の見方と生きる姿勢を変えました。ハンナは、永遠の岩であり希望である神の臨在を喜びました。


from デイリーブレッド