Tuesday, April 27, 2021

己の愚かさから学ぶ

オーストラリアのウロンゴンのコンビニに入店した男が、20ドル紙幣をカウンターに置き、両替を求めましたが、店員がレジを開くと、銃を取り出し、中のお金を要求しました。そして、お金を受け取ると、20ドルを置いたまま逃走しました。奪われた金額は、15ドルでした。

私たちにも、似たような愚かさがあります。悪事ということではなく、動機は良くても、時に愚かな行動をします。重要な点は、自分の愚かさから学べるか否かでしょう。学んで矯正しなければ、やがてそれは癖となり、性格となって、「愚か者(は)…思慮に欠けている」(伝10:3)となります。

自分の愚かさを認めるのは簡単ではありません。己の品性の欠けた部分を顧みるのはつらい経験です。結論を急ぎ過ぎたと反省し、次回は慎重になるべきかもしれません。理由はどうあれ、己の愚かさを無視するなら、高い代償が伴います。

感謝なことに、神は、愚かさを懲らしめ、私たちの品性を育ててくださいます。すべての懲らしめは、当座は喜ばしくはありませんが、結果的には、平安の実を結ばせるのです(ヘブ12:11)。天の父の懲らしめを受け入れ、神の子にふさわしい人に変えていただきましょう。


from デイリーブレッド