Thursday, April 22, 2021

慰め主なる神

病気の子ネコのラダメネスは、飼い主に見捨てられ、保護施設に収容されましたが、そこの獣医に引き取られ、元気になりました。そして、今ではここに住んで、手術後や治療中のネコや犬を温かく見守り、優しく喉を鳴らす音にみんなが慰められます。

この姿は、愛の神に触れた人々のあるべき姿を映しています。私たちが病気や苦難に悩むとき、神は私たちの世話をして、慰めてくださいます。使徒パウロは、神を「慈愛の父、すべての慰めの神」(Ⅱコリ1:3)と呼んでいます。私たちが落胆したり、落ち込んだり、不当な扱いを受けたりするとき、神は私たちとともにおられます。みもとで祈るなら、どのような苦しみの中にいても慰めていただけます(4節)。パウロは、「こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです」(4節)と語ります。父なる神は慰め主。私たちは神に慰められ、人を慰めることができるのです。

情け深い救い主は、万民を救うために苦しまれたので、悩む人を慰めてくださいます(5節)。神は私たちが苦境をくぐり抜けるときに助けてくださり、人に対して同じことができるように、私たちの素養を高めてくださいます。


from デイリーブレッド