Tuesday, January 26, 2021

問題は内側に

数年前、キツツキが家の壁を叩くのを見て、家の外壁に問題が起きたと思いました。ところがある日、息子と屋根裏に上ると、鳥が目の前を飛んでいったのです。問題は壁の外側ではなく内側で、ことのほか深刻でした。

イエスがエルサレムに入られたとき、群衆は、このお方がローマの支配という問題を解決してくださると期待しました。待ちに待った瞬間です。彼らは熱狂し「ダビデの子にホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。ホサナ。いと高き所に」(マタ21:9)と叫びました。神が定めた王、救世主の到来です。そのお方は、まず外の勢力を何とかされるはずです。しかし、3つの福音書によれば、エルサレム入城につづくのは、宮清めと言われる出来事でした(12-13節)。主は、まず家の中を掃除されたのです。

私たちがイエスを王に迎えるときも同じです。イエスは間違いを正してくださいますが、まず、私たちに、自分の内に巣くう悪と対峙するように命じられます。ろばに乗ったイエスは、トロイの木馬の戦士のようです。その木馬は和平の象徴でしたが、その目的は無条件降伏を促すことでした。私たちの王イエスも、私たちに同じことを促しておられます。


from デイリーブレッド