Tuesday, January 12, 2021

悪循環を断ち切る

デイビッドが初めて父に殴られたのは7歳の誕生日。うっかり窓ガラスを割ってしまった時でした。「父は殴ったり蹴ったり、そして後で謝りました。アルコール依存症で虐待を止められなかったのです。」そして、彼も同じてつを踏み、10代、20代の大半を刑務所と依存症専門病院を行き来して過ごしました。自暴自棄になりかけたとき、キリスト教系の治療センターでイエスに救われ、希望を取り戻しました。彼は語ります。「昔は絶望のどん底でした。今は目覚めると先ず、『自我をささげます』と神に向かって宣言します。以前とは真逆の方向に進む努力をしています。」

人のせい、または自分のせいで、人生がズタズタになっても、神のもとに来るなら、神はあなたを受け止めて新しくしてくださいます。「だれでもキリストのうちにあるなら、…古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」(Ⅱコリ5:17)と聖書が語るとおりです。キリストの愛といのちが、過去の悪循環を断ち切り、新しい未来をくださいます(14-15節)。そればかりか、神が成された御業と私たちの内に働きつづける御力ゆえに、私たちは生涯にわたって、常に、希望と力を失うことがありません。


from デイリーブレッド