Sunday, December 13, 2020

話す力を感謝する

トムは脳梗塞の影響で失語症になり、長いリハビリになるという話でしたが、数週間後の礼拝に現れ、私たちを喜ばせてくれました。その上、立ち上がって話そうとしたので、驚きました。彼の言葉は不明瞭でたどたどしく、繰り返しや言い間違いもありました。しかし、明らかだったのは、神をほめたたえていたということです。心の痛みと祝福を同時に感じる瞬間がありますが、これはそのひとつでした。

クリスマスの前触れの物語の中に、話す力を失った人が登場します。祭司ザカリヤです。主の使いが現れ、偉大な預言者の父になると告げましたが、夫婦ともに老年のため、にわかには信じられません。すると「これらのことが起こる日」まで、口がきけなくなりました(ルカ1:11-20)。しかし、奇跡の息子に名を付ける儀式の席で、再び言葉を発したのです。

彼はまず神を賛美しました(ルカ1:64)。そして「ほめたたえよ。イスラエルの神である主を。主はその民を顧みて、贖いをなし…」(68節)と預言しました。

トムは、ザカリヤのようです。話せるようになると、まず神をたたえました。話し、考える力の与え主に心を向けたのです。私たちも、どんなことが起こっても、そのようにありたいものです。


from デイリーブレッド