Wednesday, August 5, 2020

愛され魅力的で有能だ

マルコムは堂々として見えましたが、実は、臆病で、強い承認欲求がありました。すさんだ家庭環境の問題は、自分のせいだと思い込んでいました。物心ついた頃から、洗面所の鏡の自分に向かって「馬鹿、ボケ、ダサッ。全部お前が悪い!」と叫んでいたと言います。

しかし、そんな自虐は21歳で終わりました。イエスに出会って本当の自分を知ったからです。「僕は神に愛されていて、それは動かせない真理です。僕に恥をかかされたと神に拒まれることは決してないと分かりました」と語ります。やがて彼は、鏡の中の自分に「君は愛されていて、魅力的だし、有能だ。君のせいじゃなかったんだ」とささやくようになりました。

これは神の霊がキリスト者になさることです。御霊は、あなたがどんなに深く愛されているかを啓示し、恐れから解放してくださいます(ロマ8:15、38-39)。また、あなたは神の子どもで、キリストとの共同相続人だと確信させてくださいます(8:16-17、12:6-8)。その結果、自分を正しい目で見られるようになります(12:2-3)。

マルコムは数年たっても、あの言葉を毎日ささやき、神の見方を確認します。彼は父なる神にとって、愛おしく魅力的で有能な青年です。私たちも同様です。


from デイリーブレッド