Wednesday, August 19, 2020

信頼あるのみ

朝食の席に300人の子どもが座り、感謝の祈りをささげました。しかし、食卓には何もありません。この孤児院の運営者、伝道者のジョージ・ミュラー(1805年~1898年)にとって、これは珍しい光景ではありません。神の奇跡を見るさらなる機会です。彼が祈り終わると、パン屋が戸口に現れました。昨夜は眠れなかったので、孤児院のために焼き窯3つ分のパンを焼いて来たと言います。直後に牛乳屋が現れました。運搬車が孤児院の前で壊れたので、積み荷の牛乳を無駄にしないために提供すると言います。

衣食住、健康、お金、友だちなど、幸せな生活に必要なものが欠けていると、不安や自己憐憫がこみ上げるのは普通です。貧しいやもめは「私は焼いたパンを持っておりません。ただ、かめの中に一握りの粉と、つぼにほんの少しの油があるだけです」(Ⅰ列17:12)と語りましたが、エリヤの助けは、彼女から来ました(Ⅰ列17:8-16)。その前は烏です(4-6節)。神の助けは思いがけないところから来ます。私たちは必要があると何とかしようと色々頑張りますが、神が与え主だと確信すれば、憂いから解放されます。解決策を探し回る前に、まず神を求めましょう。そうすれば、無駄な時間やエネルギー、イライラを減らすことができます。


from デイリーブレッド