Saturday, July 4, 2020

親切な人

レオンは金融の仕事に幻滅し、もっと有意義な人生を送りたいと思って退職しました。ある日、ホームレスの男性が「親切は最高の薬」と書いた紙を持って街角に立っていました。レオンは語ります。「この言葉が心に刺さりました。そしてひらめいたのです。」

レオンは、親切を促進する国際団体を設立することに新しい人生を賭けました。彼は世界中を旅して見知らぬ人に食事やガソリン、宿を提供してもらい、その謝礼として、彼の設立した団体は、慈善事業を行います。例えば、孤児たちの食事をまかなったり、貧しい子どもたちの学校を建てたりというように。レオンは「親切は軟弱な行為と思われがちですが、実はすごい力があるのです」と語ります。

神であるキリストの真髄は、善そのものですから、親切は主から自然に溢れ出ました。イエスは、やもめのひとり息子の葬列が通るのを見て近寄り、御業をなさいました(ルカ7:11-17)。この女性は悲嘆に暮れていました。彼女の人生は、おそらく経済的にも息子に依存していたでしょう。私はこの物語が大好きです。聖書は、誰かがイエスに助けを求めたとは述べていません。イエスのいつくしみの心だけが彼を生き返らせたのです(13節)。それを見た人々は、イエスについて「神がその民を顧みてくださった」と語りました(16節)。


from デイリーブレッド