Tuesday, June 2, 2020

赦すために召された

パトリック・アイルランドは、コロラド州コロンバイン高校の銃乱射事件で負傷した生存者です。彼は長い回復の途上で、恨みから解放されないと傷は深くなるばかりだと学びました。赦しの鍵は、人にされた悪ではなく、イエスがしてくださったことに焦点を合わせることでした。キリストは十字架上で、自分を苦しめる者たちのために「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」と言いました(ルカ23:34)。こうして祭司ザカリヤの預言が成就したのです(1:77)。

パトリックは中学生の頃から、自分が何かに召されていると感じていましたが、あの悲劇から20年、「僕は赦すために召されたのかもしれない」と自らの人生の目的を語ります。

私たちが銃乱射事件の被害者になることはたぶんないでしょうが、いじめやパワハラ、友人の裏切りなどで傷ついた人は少なくないでしょう。どうすれば解放されるでしょう。イエスは拒絶し虐待した人を赦しました。私たちの罪をも赦されたので、私たちは救われたのです。イエスの姿勢に目を留めてはどうでしょう。イエスの救いには、人を赦す力も含まれています。パトリックのように恨みを捨て、赦しの旅に出ることが、私たちにもできるはずです。


from デイリーブレッド