Friday, May 22, 2020

嘆きを聞かれる神

昨年の夏、「タレクア」という名のシャチが出産しました。タレクアの群れは絶滅の危機に瀕しているので、この子は希望の星でした。ところが、1時間もせずに死んだのです。この悲しみを世界中が見守りました。タレクアは17日間も赤ん坊の亡骸を押して太平洋の冷たい水を泳ぎ回った後、ついにあきらめました。

悲しみをどう受け止めればよいか分からないことが、クリスチャンにもあります。嘆き悲しむことは、希望を失っていることだと思うのかもしれません。しかし聖書には、神に向かって泣き叫んだ多くの人の姿が記されています。嘆きと希望は両者とも信仰の応答です。

哀歌は故郷を失った人々の悲しみを表した5部作の詩です。彼らは敵に追いつめられ殺されそうになり(3:52-54)、悲嘆に暮れ、涙ながらに神に叫び、正義を求めます(64節)。神に叫ぶのは、希望が無いからではなく、神が耳を傾けてくださると信じているからです。神に叫ぶと、神は必ず近づいてくださいます(57節)。

人生で失ったものを嘆くことは間違っていません。神はいつも耳を傾けてくださり、天から見守っておられます。本心を吐露しても大丈夫です。


from デイリーブレッド