Wednesday, May 13, 2020

写真に割り込む

私は手を挙げました。牧師がイエスの生涯に関する難しい質問をしましたが、その話を読んだばかりだったので、答えられると思ったのです。私も聖書を教える身ですから、きちんと分かっているし、それを皆に伝えたい気持ちもありました。しかし、もし間違えていたら恥をかくと思うと手が下がっていきました。何という自意識でしょう。

バプテスマのヨハネの態度は、ずっと優れています。彼は、人々がイエスに移っていくという弟子たちの不平を聞いて、むしろ喜びました。「私はキリストではなく、その前に遣わされた者である…あの方は盛んになり私は衰えなければなりません」(ヨハ3:28-30)と語りました。ヨハネは、自分の存在の意義を、メシヤの到来を告げるメッセンジャーだと認識していました。イエスこそが天から来られた方であり、すべてのものの上におられるお方(31節)、ご自分のいのちを私たちにくださる神の御子です。すべての栄光と誉れはイエスにこそあるべきです。

イエスは唯一の救い主、唯一の希望ですから、このお方にフォーカスを絞った写真に割り込むような態度は、結局、自分を傷つけてしまいます。栄光は主に。主にとっても、世の中にとっても、私たちにとっても、それが最善です。


from デイリーブレッド