Wednesday, April 1, 2020

イエスのように祈る

硬貨にはふたつの面があります。英語では、表は「ヘッド」と呼ばれ、ローマ時代初期から国の元首を描くことが多いようです。裏は「テイル」と呼ばれ、英国の10ペンスの裏に描かれた紋章のライオンの尾に由来します。

キリストのゲツセマネの祈りにも、ふたつの面がありました。イエスは、十字架にかけられる前夜、深く悩み抜かれて「父よ。みこころならば、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、みこころのとおりにしてください」(ルカ22:42)と祈られました。イエスの願いは「この杯をわたしから取りのけてください」です。しかし、イエスは別の面、すなわち「私の願いではなく」とも祈られました。これは自己を捨てた祈りです。神のために自分を捨てることは「私の願いはともかく、神よ、あなたのみこころは何ですか」と祈るときに始まります。

この祈りは、マタイ26章とマルコ14章にも記されており、ヨハネ18章でも触れられています。イエスの祈りにはふたつの面がありました。自分の願いを伝えることと神のみこころを求めること。それがともにイエスであり、祈りのふたつの面なのです。


from デイリーブレッド