Thursday, December 26, 2019

大きなふるい

ロバート・コールズは、著書『ボランティアという生き方』で、人に仕える理由を探っています。年配のスクールバスの運転手は、日々の送迎の中で、勉強の質問をしたり、良い点数をほめたりと、生徒たちのケアをしていました。「この子たちに成功してほしいの」と語りましたが、別の理由もあるようでした。

良いことをして神の目に留まらなければ、大きなふるいにかけられると、子どもの頃に言われたそうです。彼女は、さばきのふるいにかけられ地獄に落ちることを恐れ、神に認めてもらう方法を考えました。教会に行けば、忠実だと思ってもらえるだろうし、人に仕えれば、それを誰かからお聞きになるでしょう。

私は悲しくなりました。なぜ彼女は、すでに神の目に留まっていると知らないのでしょう(マタ10:30)。イエスがふるいの問題を解決してくださったこと、救いは善行で獲得するのではなく、信じる人に賜物として与えられることを、なぜ聞いていないのでしょう(エペ2:8-9)。イエスを信じる人が罪に定められることはありません(ロマ8:1)。

キリストの生涯と死、そして復活は、私たちが、神と未来永劫、親しく喜ばしい関係を続けていけることを保証し、喜んで人に仕えられるように解放してくれます。


from デイリーブレッド