Friday, November 29, 2019

危険物

サイレンの音が段々と近づき、トラックが耳をつんざく音を立て猛スピードで通り過ぎました。車のフロントガラスから点滅灯に照らされた「危険物処理」の文字が見えました。後からニュースで化学薬品工場の貯蔵タンクから硫酸が漏れ出たと知りました。大惨事になりかねない緊急事態だったのです。

そこでふと考えました。もし、批判や辛らつな言葉が私の口から「漏れ出る」たびに、サイレンが鳴ったらどうでしょう。家の中が常々やかましくて困るかもしれません。

預言者イザヤも自分の罪を自覚し、神の栄光を幻で見たとき、自分はけがれた存在だと圧倒されました。自分は「くちびるの汚れた者」で、そのような人たちとともにいると告白しました(イザ6:5)。しかし、私に希望をくれたのは、次に起こったことです。セラフィムが飛んで来て、燃えさかる炭で彼の口に触れ「あなたの不義は取り去られ、あなたの罪も贖われた」(7節)と語ったのです。

書き言葉であれ、話し言葉であれ、自分の言葉は自分で選んで発しています。あなたは神の栄光に罪を示され、その恥を神の恩寵ですすがれることを受け入れていますか。そして、普段の会話で神に誉れを帰していますか。


from デイリーブレッド