Thursday, November 21, 2019

うるわしい重荷

まだ30分も眠っていないのに、真っ暗な中、目が覚めました。すぐには寝付けないでしょう。友人の夫に癌が再発したと知らされたのです。今度は脳と脊椎です。彼らを思って苦悶しました。何という重荷でしょう。しかし、夜通し祈りつづけて、平安な気持ちになりました。友人夫婦のために「うるわしい重荷」を担うと感じたのでしょうか。

イエスはマタイ11章28-30節で、疲れたたましいを休ませると約束されています。その休息は不思議なことに、イエスのくびきにつながれイエスの重荷を負うときに訪れます。「わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです」(30節)と言われるからです。自分の重荷を主に預け、主のくびきにつながれるなら、私たちは歩調を合わせて進むことができます。イエスのくびきを負って、主の苦しみを分かち合うなら、「私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれ」ます(Ⅱコリ1:5)。

友人夫妻の試練は、私にとって大きな重荷でしたが、その重荷を主に祈りささげる者として選ばれたことを感謝しました。やがて私は眠り、朝が来ました。私は今、イエスの負いやすいくびきのもとで、イエスの軽い荷となった、あのうるわしい重荷を負って歩いています。


from デイリーブレッド