Tuesday, September 17, 2019

水以上のもの

牧師が「バプテスマの水を思い出しなさい」と言いながら、会堂を歩く姿を覚えています。私は「どうやって?」と自問しました。牧師は、水をはね散らし、しぶきを皆にかけました。子どもだった私は、喜びつつも、戸惑いました。

バプテスマを受けるとは、水云々以上のことです。バプテスマは、イエスを信仰することを通して、このお方を 「着た」ことを象徴します(ガラ3:27)。あなたがイエスに属したこと、あなたの中にイエスが住まれ、あなたを通してイエスが表れることの記念です。

今日の聖書のみことばは、私たちがキリストを着たのなら、キリストが私たちのアイデンティティー、つまり、自分が自分であることを表すもの、だと語ります。私たちは神の子どもです (26節)。律法を完全に守ったからではなく、イエスを信じる信仰によって、神と良い関係になりました(23-25節)。性別や民族、立場は関係ありません。キリストによってひとつになる自由に導かれています(28節)。私たちはキリストのものです(29節)。

バプテスマについて、その形ではなく、イエスに属して神の子どもになっ た事実に思いを巡らしましょう。アイデンティティー、未来、霊の自由。すべてはイエスの内にあります。


from デイリーブレッド