Thursday, July 4, 2019

御名を物語る

絵で見る聖書物語を開き、孫と読み出すと、ふたりとも引き込まれてしまいました。本を閉じると「すべてのお話はイエスの御名をささやいている」という副題に気づきました。

すべてのお話が、イエスの御名を…と言っても、聖書、特に旧約聖書には、理解しがたい個所があります。なぜ神の民が、神を信じない敵に負けるのか。神は正しく良いお方であるはずなのに、なぜ残酷な出来事が許されるのか。

イエスは復活の後、エマオに向かう道でふたりの弟子に会われましたが、彼らは、イスラエルを贖ってくださると望みをかけていたお方が死に、その後の不思議にも悩んでいました(ルカ24:19-24)。ルカは、イエスが彼らを立ち直らせた方法を記しています。「モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分について書いてある事がらを彼らに説き明かされた」(27節)のです。

理解しがたいと思える聖書個所は、この世が包括的に堕落しており、どれほど救い主が必要なのかの表れなので、それも含めて、聖書のすべてはイエスの御名をささやいています。すべての場面、すべての神の介入は、わがままな民のために計画された贖いの御業を指し示しています。


from デイリーブレッド