Tuesday, July 16, 2019

いとしいもの

トールキンの三部作「指輪物語」(原題:The Lord of the Rings)に登場するホビットのゴクリは「いとしいしと」と言って力の指輪に対して狂気じみた執着心を示しますが、その姿は、今日の私たちの貪欲、執着、狂気を象徴しています。彼の姿に「人ごとではない」と思わされるのですから、まことに厄介です。ゴクリは、指輪に対する愛と憎しみに苛まれていますが、その声は、私たちの心の内にある飢え渇きの反映とも言えます。

これさえあれば…という強い欲求か、何となく物足りないという不満であるかは別として、私たちはその「いとしい」ものを手に入れれば満たされると考えます。ところが、自分を幸せにしてくれるはずのものが、逆に、虚しさをさらに強く感じさせるのです。

ダビデは詩篇16篇で語ります。己の欲望が無益な満足を求めて暴走しそうなとき(4節)、私たちは神に身を避けることができます(1節)。主を離れて幸いを味わうことはありません(2節)。

満たされる何かをどこかに求めずに、主を自らの前に置くなら(8節)、本当の満足が得られます。それは、今からとこしえまで、絶えず主とともに「いのちの道」(11節)を歩む人生を送り、神の御前の喜びにあずかることです。


from デイリーブレッド