Thursday, June 27, 2019

紐をほどく

赦しは癒すと教えているキリスト教団体が寸劇をしますが、そこでは、傷つけた人と傷つけられた人は、背中合わせに紐でくくられています。何をするにも、誰かが張り付いています。この紐をほどけるのは、傷つけられた人だけです。赦して紐をほどかなければ、自由になれません。

自らの行為を恥じ謝罪した人を赦そうとする行為は、酷い仕打ちに苦しんだ心の痛みから解放される一歩です。創世記に登場するヤコブとエサウの兄弟は、ヤコブが兄の長子の権利を盗んだため、20年間も疎遠でした。ところが、神はヤコブに帰郷を命じ、彼は帰途につきます(創31:3)。しかし心配で、まずエサウに家畜の群れを贈りました(32:13-15)。そして再会の時、ヤコブはへりくだって7回も地に伏して礼をしました(33:3)。

ところが兄は駆け寄り、彼を抱きしめてくれたのです。どれほど驚いたことでしょう。ふたりは涙ながらに和解しました(4節)。ヤコブはついに、兄に対する罪から解放されました。

赦せないという恨みに縛られ、怒りや恥という重荷を背負っていませんか。あなたが求めるなら、神は御子と聖霊を通して、紐をほどいて自由になれるように助けてくださいます。


from デイリーブレッド