Thursday, May 2, 2019

あきらめずに祈る

ケビンは涙を拭いながら「おふたりを励ませればと思って」と、一枚の紙切れを私の妻に見せました。私たち夫婦は、娘がイエスを信じる信仰に戻ってくるように祈り続けてきました。ケビンは、母の死後、彼女の聖書の中にその紙を見つけたそうです。「息子ケビンのために」という文字の下には、彼の救いを祈る祈りの言葉が記されていました。

「今は、この紙を自分の聖書に挟んで持っています。母は、私の救いのために35年以上も祈りました。私は神から遠く離れていましたが、今はキリスト者です」。彼は目に涙をためて、私たちをじっと見つめながら言いました。「どんなに長くかかろうと、あきらめてはいけません。娘さんのために祈り続けてください」。

彼の励ましに「いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために」イエスが語られた「不正な裁判官」のたとえ話を思い出しました(ルカ18:1、6)。

彼は、しつこく頼まれるのが面倒で仕方なく裁判の要求に応じました。イエスは、この裁判官と完全なる天の父を比べておられます。神は、深い愛をもって、私たちがみもとに行くのを求めておられます。神は、私たちの祈りにいつでも耳を傾けたいと願っておられます。この真理に励ましをいただきましょう。


from デイリーブレッド