Thursday, February 21, 2019

生きた供え物

大叔母は広告業界で活躍し、シカゴとニューヨークの間を飛び回っていました。しかし、田舎で世話を必要としていた両親のために退職しました。両親はふたりの息子を悲劇的な形で早く亡くし、彼女だけが残されました。彼女にとって、両親に仕えることが自分の信仰を表す形でした。

使徒パウロはローマの教会に手紙を送り、「神に受け入れられる、聖い、生きた供え物」(ロマ12:1)になりましょうと、クリスチャンを励ましました。「だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません」(3節)と語り、キリストの犠牲的な愛で互いを愛するように促しました。教会に不一致や分裂が起こったら、「大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なので」(5節)、自我を捨てるように言いました。パウロは、彼らが己を犠牲にして互いに愛し合うように心から願いました。

私たちには毎日、人に仕える機会があります。例えば、順番を人にゆずったり、大叔母のように、介護をする場合もあるでしょう。自分の経験を分かち合って助言をしたり、方向性を示したりすることもできます。自分を生きた供え物としてささげるとき、私たちは神をほめたたえています。


from デイリーブレッド