Monday, April 9, 2018

遺産を遺す

息子たちと人里離れたアイダホ州の牧場で過ごしたことがあります。サーモン川の近くです。散策していると墓がありましたが、木の墓標に書かれた文字は、ずいぶん前に消えてしまったようでした。この地で生まれ死んでいったその人は、今は忘れられています。私は悲しくなり、その辺りの歴史を調べましたが、あの墓に葬られた人を見つけることはできませんでした。

何かを成せば、百年ぐらいは覚えられていると言いますが、普通の人はすぐに忘れられます。昔の人の記憶は、あの墓標のように消えていきます。しかし、信仰の遺産は、神の家族に引き継がれます。生前、神と人を愛して生きたなら、その事実は生きつづけます。マラキ書は「主を恐れ、主の御名を尊ぶ者たちのために、主の前で、記憶の書がしるされた。『彼らは、わたしのものとなる。―万軍の主は仰せられる―わたしが事を行う日に、わたしの宝となる』」(3:16-17)と語ります。

使徒パウロは「ダビデは、その生きていた時代において神のみこころに仕えて後、死んで父祖たちの仲間に加えられ」(使13:36)と記しています。私たちもダビデのように、自分が生きている時代に神を愛し、神のみこころに仕えましょう。そして、「記憶の書」に残していただきましょう。「彼らは、わたしのものとなる」と主が言われます。


from デイリーブレッド