Wednesday, March 14, 2018

祈りを贈る

ローラは「病気の弟のために教会の皆さんが祈ってくださるまで、私は祈りがどれほど大きな贈り物か理解していませんでした。皆さんの祈りは言葉で表せないほどの慰めでした」と言いました。彼女は涙ながらに、私たちの教会が、がんと診断された彼女の弟のために祈ってきたことを感謝しました。そして、その祈りが、彼女の弟に戦う力を与え、家族全員が励まされていると言いました。

人を愛する最良の方法のひとつは、その人のために祈ることです。その最良の模範はイエスです。新約聖書は、多くの場面で人のために祈られるイエスを描き、今もなお、私たちのために、御父のもとに行ってくださると語ります。ローマ人への手紙8章34節は、イエスが「神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです」と語ります。イエスは十字架の上で無私の愛を示された後でさえ、復活の主、昇天された主として、私たちに心を配り、今この瞬間も私たちのために祈っておられます。

私たちの周りには、私たちの祈りを必要とする人たちがいます。私たちはイエスの模範に従い、神が介入して助けてくださるよう、愛をもって祈るべきです。神は私たちを人のために祈れるように助けてくださいます。今日、祈りの贈り物を気前よく贈ることができるよう、愛する主が、私たちを強めてくださいますように。


from デイリーブレッド