Friday, October 27, 2017

神の備えとその方法

リスたちが冬に備えてドングリを蓄えておこうと騒々しく駆け回っています。鹿の群れは音も無く我が家の庭を横切るのに、一匹のリスは侵略者がやって来たかのような騒音を立てます。

この二種の動物は他にも違うところがあります。鹿は冬の備えをしません。雪が積もると何でも、たとえ庭の生け垣でさえ、食べてしまいます。しかし、リスの食料は雪の季節には見つかりません。それで冬備えをするのです。

これは神の見守りを表しています。神は人が働いて将来に備えるようにされましたが、資源が乏しいときには自ら与えてくださいます。箴言に述べられているように、神が豊かな収穫を与えられるので、私たちは窮乏に備えて蓄えられます(12:11)。また詩篇23篇が語るように、神は、私たちが危険を通り抜けて安全な場所に無事に着くように導いてくださいます。

神が必要を満たされるもうひとつの方法があります。それは、持っている人が足りない人に分け与えるという方法です(申24:19)。聖書は将来への備えについて、次のように教えています。つまり、働ける時に働き、備えられる時に備え、分け与えられる時に分け与え、神が必要を満たしてくださることを信じよ、というものです。


from デイリーブレッド