Saturday, August 26, 2017

蛇と三輪車

私は子どもの頃をガーナで過ごしましたが、兄が三輪車を小さな毒蛇の上に止めたという当時の出来事をくり返し話してきました。私の記憶の中で、蛇は前輪の下敷きになって静かにしていました。しかし、当時のことを記した母の叔母に宛てた手紙が、ふたりが亡くなってから出てきました。実は、蛇に三輪車で乗り上げたのは私で、兄は走って母に知らせに行ったのです。その出来事を詳しく記した母の目撃証言によって真相が明らかになりました。

ルカは正確な記録の重要性を理解していました。彼はイエスの話が「初めからの目撃者によって私たちに伝えた」(ルカ1:2)と語りました。そして「私も、あなたのために、順序を立てて書いて差し上げるのがよいと思います…それによって、すでに教えを受けられた事がらが正確な事実であることを、よくわかっていただきたいと存じます」(3-4節)とテオピロに述べました。その書簡が「ルカの福音書」です。ルカはそれにつづいて「使徒の働き」を記し、その冒頭で「イエスは苦しみを受けた後、彼らに現れて、…数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された」(使1:3)と語りました。

私たちの信仰は、噂や希望的観測に基づくものではありません。それは十分に立証されたイエスの生涯に根差しています。イエスは私たちに神との平和を与えに来られました。イエスの話は真実です。


from デイリーブレッド