“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

神に命を救われた

アロン(仮名)は15歳のとき、サタンに祈り始めました。手を組んだと感じたと言います。そして、うそをついたり、家族や友人を操る小細工をしたり、万引きをしたりしました。悪夢でサタンに死ぬと脅されましたが、死にませんでした。アロンは、サタンがうそつきだと振り返ります。

女の子と知り合いたくてクリスチャンキャンプに行くと、ひとりの人に「君のために祈ろう」と言われました。そして、祈られていると、平安が押し寄せて来るようでした。サタンよりもっと強く、もっと解放的な何かを感じました。アロンのために祈ってくれた男性は、神にはご計画があること、サタンはうそつきだということを語りました。彼の言葉はイエスの教えと同じです。イエスはサタンに関して、ご自分に敵対する人たちに「彼は偽り者であり、また偽りの父である」(ヨハ8:44)と言われました。

アロンは悪魔崇拝を捨て、神を信じました。今や「神から出た者」(47節)です。現在は大都市の貧困地区で牧師として働き、イエスに従うなら人生が変わると伝えています。彼は、神の救いの力の生き証人です。神に命を救われたと確信を持って言うことができると語ります。

神はすべての良いもの、聖なるもの、真実なるものの源です。神と向き合うなら真理が見つかります。

at デイリーブレッド公式サイト  from Amy Boucher Pye

石を投げること

リサは不倫をする人に全く同情できませんでした。自身が結婚生活に悩み、危険な罠に抗って必死に闘うようになるまでは…。その経験は、彼女に新たな共感力と「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい」(ヨハ8:7)というみことばを深く理解する力をくれました。

イエスは宮で教えておられました。そこに律法学者とパリサイ人たちが姦淫の場で捕えられた女を引っぱって来て「モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、あなたは何と言われますか」(5節)とイエスに質問したのです。彼らはイエスに権威を脅かされると考えていたので「イエスを告発する理由を得るため」の罠を仕掛けました(6節)。しかし、イエスが「あなたがたのうちで罪のない者が…」と応えられると、この女性を訴えた人たちは、誰ひとり石を手に取らず、順番に去りました。

自分の罪を棚に上げて他人を非難したりさばいたりする前に思い出しましょう。私たちは、神からの栄誉を受けることができないのです(ロマ3:23)。救い主は、この女性や私たちを断罪するのではなく、あわれみと「変われる」という希望をくださいました(ヨハ3:16、8:10-11)。私たちも人に同じことができるはずです。

at デイリーブレッド公式サイト  from Alyson Kieda

断食の心

空腹で胃が痛みました。神に集中できるからと断食をすすめられたのです。しかし、イエスはどうやって40日間も耐えたのだろうと思いました。私は、平安、力、特に忍耐のために、聖霊にすがりました。

健康に支障がないなら、断食は霊の食物の重要性を教えてくれます。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタ4:4)のとおりです。しかし、私が身をもって学んだように、断食そのものが、必ずしも人を神に近づけるとは言えません。

実際、神は預言者ゼカリヤを通して「このわたしのために断食したのか」と民に詰問されました(ゼカ7:5)。断食は、貧しい者に仕えることにつながらないのなら無益だと語られました。彼らの問題は胃袋ではなく、その冷たい心だと、神は示されました。彼らは己に仕えることに忙しく、神のみこころに近づきませんでした。神は「正しいさばきを行い、互いに誠実を尽くし、あわれみ合え。やもめ、みなしご、在留異国人、貧しい者をしいたげるな」(9-10節)と命じられました。

どんな霊的訓練でも、その目的はイエスに近づくことです。イエスのようになっていくなら、イエスの愛される人々を愛する心を持てるでしょう。

at デイリーブレッド公式サイト  from Tim Gustafson

驚くほど特別

ロンドン動物園によると人は特別ではないそうです。彼らは2005年「自然環境におけるヒト」という展示を4日間行いました。展示される「ヒト」がインターネットの公募で選ばれ、餌、生息地、脅威などについての掲示板が作られました。動物園の広報担当者は、ヒトが特別だという意識を軽減させることが、この展示の目的だと語りました。展示された「ヒト」のひとりは、その趣旨に賛同し 「動物としてヒトを見てもらうなら、私たちは、そんなに特別ではないと認識してもらえるで しょう」と語りました。

聖書の記述は、それと対照的です。神は人を恐ろしいほど奇しい業で、「ご自身のかたち」に造られました(詩139:14、創1:26-27)。

ダビデは詩篇139篇の冒頭で、神が自分を詳しく知り(1-6節)、すべてを取り囲んで臨在されることを(7-12節)賛美しています。神は、外側も内側も隅々まで自分を形造られただけでなく(13-14節)、心や霊のいのち、神と親しく交われる能力をくださいました。彼は神の御手の業を思い巡らし、畏れと驚き、そして賛美で神に応えました(14節)。

人は特別に造られました。神は驚くべき特異さと、神と親しく交われるという素晴らしい能力を人に備えられたのです。私たちもダビデのように神を賛美します。私たちは神の愛の御手の作品なのですから。

at デイリーブレッド公式サイト  from Marvin Williams

脱出

アガサ・クリスティーの小説「複数の時計」の連続殺人犯は、元々ひとりの人を狙っていましたが、その殺人を隠すために、次々と人を殺します。探偵ポワロに迫られると「ひとりだけ殺すはずだった」と告白しました。

福音書の宗教指導者たちも陰謀を企てました。イエスが死んだラザロをよみがえらせると(ヨハ11:38-44)、議会を召集してイエスを殺す相談をしました(45-53節)。 それだけではありません。イエスがよみがえられたときも、うそを広めました(マタ28:12-15)。そして、イエスに従う者たちを黙らせようと迫害しました(使7:57-8:3)。国のために、大義のために、と言ってひとりに対して企てた陰謀は、偽りや欺きの連鎖、そして複数の殺害に発展しました。

罪を犯すなら、終わりのない下り坂を転がり落ちていきます。しかし、神はいつでも脱出できるように道を備えてくださいました。大祭司カヤパは「ひとりの人が民の代わりに死んで、国民全体が滅びないほうが、あなたがたにとって得策だ」と言いましたが(ヨハ11:50)、自身の言葉が深淵な真理を意味していると気づきませんでした。宗教指導者たちの陰謀は、全人類の救いをもたらすために用いられたのです。

イエスは罪の支配から救ってくださいます。イエスが差し出しておられる本当の自由をあなたは受け取りましたか。

at デイリーブレッド公式サイト  from Remi Oyedele

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki