“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

祝福されるから

友人と彼女の孫たちと散歩に出ました。友人はベビーカーを押しながら、腕を振れないからスマートウォッチの歩数が増えないとぼやきました。「でも、この散歩は無駄ではないでしょ」と言うと、「ええ。でも、あの金星が欲しいのよ」と笑いました。気持ちは分ります。頑張っても結果が出ないと、がっかりします。しかし、結果はすぐ出るとは限らず、目に見えないかもしれません。

善行も同じで、無駄だと思われがちです。誰かを助けたり、親切にしたりしても、報われないかもしれません。しかし、使徒パウロはガラテヤの教会に「人は種を蒔けば、その刈り取りもする」(ガラ6:7)と説き、「善を行うのに飽いてはいけません。…時期が来て、刈り取ることになります」(9節)と教えました。良い行いは、救いの条件ではありませんし、この聖書個所は、この世の報いを約束していません。天国まで待たなければならないかもしれないのです。しかし、やがて祝福されることは確かです(9節 リビングバイブル参照)。

良い行いを続けることは簡単ではありません。どんな報いがあるか分からないならなおさらです。しかし、歩数計がどうであれ散歩が健康に良いように、良い行いの継続には価値があります。神に祝福されるのですから。

at デイリーブレッド公式サイト  from Julie Schwab

聖霊によって歌う

聖書学者で作家でもあるGキャンベル・モーガンは、20世紀初頭にウェールズで起こったリバイバルの様子を記しています。彼は、聖霊の臨在が聖なる歌の波となって渦巻いたと信じています。音楽が会衆をひとつにして、祈りや告白が自然に始まり、賛美の歌が自発的にささげられました。気分をよくした人が長々と祈ったり、自分勝手な話をしたりすると、誰かが静かに歌い出し、それに加わる人がだんだん増え、やがて他の音が聞こえないほどの大合唱になったそうです。

モーガンの記述のような音楽による信仰刷新は、聖書に起源があります。音楽はたびたび重要な役割を果たしました。勝利を祝う(出15:1-21)、神殿をささげる礼拝(Ⅱ歴5:12-14)、また軍事作戦の一部としても(20:21-23)用いられました。聖書の真ん中には、詩篇という150篇の歌集があります。また、使徒パウロはエペソ人への手紙で「詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り」(エペ5:19)と、聖霊に満たされた人生を描写しています。

争いや葛藤、礼拝、また人生の色々な場面で、信仰を奏でる音楽は、私たちをひとつにしてくれます。古くても新しくても、賛美歌をみんなで歌うと、私たちは次々に刷新されます。力によらず、権能によらず、私たちの神の霊と歌によって新しくされます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Mart DeHaan

雲の向こうに

珍しいスーパームーンが、2016年11月に現れました。最も地球に近い軌道を60年ぶりに通過するということで、月はどんどん大きくなるはずです。しかし、私の町の空は灰色の雲が垂れこめていました。別の場所で撮った写真がネットで見られるものの、私は、この雲の後ろにスーパームーンがあると信じるしかありませんでした。

使徒パウロは、数々の困難に遭遇しながらも、見えないものが永遠に残ると信じました。そして、「今の患難」が「永遠の栄光」をもたらすと述べました(Ⅱコリ4:17)。彼は、「見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留め」ることができました。見えないものは永遠だからです(18節)。パウロは、コリントの教会の人々の信仰が成長するように、また、苦しくても神に信頼できるようにと願いました。私たちも肉眼で神を見ることはできませんが、日々、神によって新たにされていることは信じられるはずです(16節)。

その夜、私は雲を見つめて、神は見えないけれども永遠であることを考えました。スーパームーンは隠れていてもそこにあります。これから先、神が遠く感じられる時があったら、私は見えないものに集中しようと思います。

at デイリーブレッド公式サイト  from Amy Boucher Pye

不義を負う

マルコム・アレクサンダーは、有罪判決からおよそ38年後の2018年1月30日、出所しました。DNA鑑定で無罪が証明されたのです。数々の司法手続きの中、一貫して無罪を主張しましたが、不正がまかり通っていました。やる気の無い弁護士、ねつ造された証拠、ずさんな捜査などが、無実の男性を40年近くも獄につなぎました。しかし、アレクサンダーは驚くほど寛大で「私の人生に、怒っている暇はない」と語ったのです。

不義によって38年間の自由を奪われ、人生を台無しにされたなら、怒り狂って当然なのに、何という寛容さでしょう。アレクサンダーは不正がもたらした苦悩の年月を過ごしましたが、悪に負けませんでした。復讐心に燃えることなく、「悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず」(Ⅰペテ3:9)の姿勢を貫きました。

しかし、このみことばには次の段階があります。使徒ペテロは復讐ではなく、祝福しなさいと語るのです(Ⅰペテ3:9)。

私たちは、不正を働いた相手を赦し、その人の幸福を願います。悪事は悪事とした上で、神の驚くべきあわれみで対峙します。イエスが十字架で私たちの罪を負われたのは、私たちが神の恩寵を受け、その恩寵を、私たちに悪を働いた人も含めてすべての人に広めるためでした。

at デイリーブレッド公式サイト  from Winn Collier

芸術作品

祖母は手芸が得意で、私の人生の節目にはいつも手作りのお祝いをくれました。高校卒業時にはモヘアのセーター、結婚祝いにはキルトをもらいました。そして裏には「祖母より愛を込めて」と刺繍されていました。それを読むと彼女の愛と将来に対する希望を感じました。

使徒パウロはエペソの教会に、彼らは「神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られた」と伝えました(エペ2:10)。この作品は、芸術作品を意味します。パウロはさらに、神が私たちを造られたのは、私たちが神の栄光を現す良い行いという芸術作品を作っていくためだと述べました。それは神と人が和解した表れです。私たちは善行によっては救われませんが、神の目的のために造られたので、神の偉大な愛のもとに人々を集めるために用いられます。

祖母は針仕事で愛を伝え、人生の目的を見つけるようにと熱いエールを送ってくれました。神の指は、私たちの日々を紡ぎ出し、ご自分の愛と、各々の生きる目的を私たちの心に縫い付けてくださいます。私たちが神を体験するように、また、神の御業を他の人に行動で示すために、そうしてくださいます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Elisa Morgan

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki