“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

祈りと成長

友人のデイビッドは、妻が若年性認知症になり、介護のために早期退職を余儀なくされました。時とともに妻の病状は進み、ますます生活が大変になりました。デイビッドは当初、神に対して腹を立てたと言います。「でも、祈れば祈るほど自分の姿を示された。結婚生活ですごく自分本位だったと気づいたんだ」と涙ながらに告白しました。彼は「妻の介護をして10年になるけれど、神は、物事を別の角度から見られるようにしてくださった。愛を込めた世話はすべて、妻とイエスにしていることだ。妻の介護は、私の人生に与えられた最大の特権だ」と語りました。

祈りの応えは願いの成就ではなく「あなたが変わりなさい」という神のチャレンジだった、ということがあります。預言者ヨナがニネベを助けた神に怒りをぶつけると、神は、ヨナを太陽から守るとうごまを生やされ、そして枯れさせました。ヨナが文句を言うと、「このとうごまのために、…怒るのか」と神が尋ねられました。自分本位なヨナは当然だと答えます。しかし神は、他の人のことも考え、同情する心を持ちなさいと諭されました(ヨナ4:6-11)。

私たちが学び成長するために、神は、祈りを思いがけない形で用いられます。人生の変化を素直に受け入れましょう。神のみこころは、ご自身の愛によって、私たちを作り変えることなのですから。

at デイリーブレッド公式サイト  from James Banks

励まし合う

近所のジムには、健康や体力の衰えを防ぐために運動に励む人々が集い、自分も頑張ろうという気分にさせられます。壁には、お互いに批評をしないように、むしろ、互いの頑張りを励ます言動を心がけましょうと注意書きが貼ってあります。

信仰についても同じことが言えます。霊性を高めたい、信仰を成長させたいと頑張っている人でも、時として、自分と人とを比べて落ち込むことがあります。成熟した信仰者の中で、自分の居場所がないように感じたりします。

パウロは、そんな私たちに対し「互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい」(Ⅰテサ5:11)と真っ直ぐに語ります。また、ローマの教会には「私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです」(ロマ15:2)と書き送りました。天の御父は、私たちのような者に対しても、親切にあわれみ深くしてくださいます。その神の姿を心に留め、神の恵みを自分の言動によって示しましょう。

お互いを受け入れ(7節)、霊の成長については、神を信頼し、聖霊の働きにゆだねましょう。神に従うことを日々追い求めつつ、信仰の兄弟姉妹が励まされる雰囲気作りをしましょう。みんなが信仰の成長を求めているのですから。

at デイリーブレッド公式サイト  from Dave Branon

思いやりの行動

帰宅した母が「エステラ、友だちのヘレン叔母さんからプレゼントが届いているわ」と言いました。私の家は裕福ではなかったので、郵便で贈り物が届くなど、クリスマスが二度来たようなものでした。この優しい叔母さんを通して、私は神に愛され大切にされていると感じました。

タビタ(ドルカス)から服を作ってもらっていた貧しい未亡人たちも、同じ気持ちだったでしょう。タビタはヨッパに暮らすキリストの弟子で、親身に人を世話することで評判でした。彼女は、いつも「多くの良いわざと施しをしていた」(使9:36)と聖書が語ります。そのタビタが病気で亡くなりました。人々はペテロが近くの町にいると聞き、ふたりの人を送り、ヨッパまで来てほしいと頼みました。

ペテロが到着すると、タビタが世話をした未亡人たちは、彼女が「作ってくれた下着や上着の数々」(使9:39)を見せて、その良いわざについて証言しました。彼女たちが頼んだのかどうかは分かりませんが、ペテロが聖霊に導かれて祈ると、神がタビタを生き返らせてくださいました。そして、神の慈しみは「ヨッパ中に知れ渡り、多くの人々が主を信じた」 (42節)のです。

思いやりを行動で表しましょう。それによって周りの人たちが、自分は神に忘れられていないと感じることができますように。

at デイリーブレッド公式サイト  from Estera Pirosca Escobar

恵みに浸る

ランディ・ガードナーは1964年の1月8日、11日と25分間封印していた行為におよびました。つまり、眠ったのです。17歳のランディは、ギネスの世界記録を破るため、ソフトドリンクを飲み、バスケットボールやボウリングをして、1週間半、眠りませんでした。倒れる前、味覚、嗅覚、聴覚はめちゃくちゃでした。数十年後、重度の睡眠障害に苦しみました。彼は記録を作りましたが「眠りは不可欠」という当たり前のことも確認しました。

多くの人が不眠に悩んでいます。私たちの不眠の理由は、ガードナーのようではなく色々ありますが、その中には、周りのプレッシャーや膨大な仕事量、スピード社会で生きるストレスなど、不安にかかわるものが多々あります。時として、不安を脇に置いてリラックスすることが難しいこともあります。

詩篇の作者は、「主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい」(詩127:1)と語りました。神に必要なものをいただかなければ、私たちの苦労や努力は無益です。しかし、感謝なことに、神は必要を満たしてくださいます。聖書は「主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる」(2節)と語ります。神の愛は、私たちすべてを包みます。神は、心配せずに、神の恵みに浸って休みなさいと招いておられます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Winn Collier

闘い

若い兵士は砲撃と地響きの中「主よ、無事にくぐり抜けさせてくださったなら、母の希望どおり聖書学校に行きます」と熱心に祈りました。神は彼の祈りを良しとされました。その兵士は私の父です。父は、第二次世界大戦を生き延び、ムーディー聖書学院で学んだ後、人生を宣教にささげました。

全く別の種類の危機に追い詰められ、神にすがったもうひとりの兵士がいます。彼の場合、戦線に参加しなかったことが問題の発端でした。ダビデ王は、部下がアモン人と戦っている最中、宮殿に残って人妻を見初め、ひどい罪を犯しました(Ⅱサム11章参照)。詩篇39篇は、そのダビデの回復の軌跡です。彼は「それで私の痛みは激しくなった。私の心は私のうちで熱くなり…」と記しました(2-3節)。

ダビデは心を砕かれ、思い巡らしました。「主よ。お知らせください。私の終わり、私の齢が、どれだけなのか。私が、どんなに、はかないかを知ることができるように」(4節)と祈りました。ダビデは、ぶれていた的を正しく定めて「主よ。今、私は何を待ち望みましょう。私の望み、それはあなたです」と祈りました(7節)。そして、自分という敵に勝利し、神に仕え続けました。

祈るきっかけは、祈る対象と比べるなら、大きな問題ではありません。神こそが望みの源です。神はあなたに心を打ち明けて欲しいと願っておられます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Tim Gustafson

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki