“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

思いがけないあわれみ

高校2年生の時のある金曜日、アルバイト先のボウリング場で夜遅くまで汚れたフロアをモップがけしました。清掃スタッフが急に病気で休んだからです。彼の欠勤について上司に連絡しませんでした。掃除ができていれば問題は無いし、彼を驚かせたかったからです。ところが大問題が起きました。翌朝、扉を開けるとボウリング場は水浸しで、ピンやスコアカード、トイレットペーパーがぷかぷか浮いていました。私は前夜、水を出しっぱなしのまま帰ってしまったのです。しかし上司は怒るどころか「頑張ろうとしたんだね」と笑顔でハグしてくれました。思いがけないあわれみでした。

サウロはキリスト者を迫害していましたが、ダマスコ近郊でイエスに会いました。そして、己の罪をイエスに突きつけられ目が見えなくなりました(使9:1-8)。サウロの目が再び見えるようになるためには、敬虔なクリスチャン、アナニヤの勇気とあわれみが必要でした(17節)。サウロもまた、思いがけないあわれみに救われました。

失敗したことは本人が一番よく知っています。そんな時に必要なのは、説教ではなくセカンドチャンスの希望です。渋い顔やきつい言葉は、希望の光をさえぎってしまいます。クリスチャンはアナニヤのように、誰かの人生を変えるあわれみを提供できる人にならなくてはなりません。

at デイリーブレッド公式サイト  from Randy Kilgore

最初にするべきこと

飛行機に乗ると離陸前に、安全に関するアナウンスがあり、機内の気圧が低下した場合、頭上の棚から酸素マスクが落ちると説明されます。そのときはまず自分が着用し、人に手助けをするのは、その後です。自分の意識がしっかりしていなければ誰も助けられないというのがその理由です。

使徒パウロは人を教えたり奉仕したりする前に、まず自分の信仰を健全に保つことが重要だと、テモテへの手紙の中で強調しています。彼はその手紙の中で、牧師には異端の教えと戦ったり(Ⅰテモ4:1-5)、間違った教義を正したりする(6-8節)責任があると語りました。その職務をしっかりと果たすために「自分自身にも、教える事にも、よく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい」(16節)と勧告しています。テモテは他の人に教える前にまず、自分と神との関係を養わなければなりませんでした。

パウロがテモテに語ったことは、私たちにも当てはまります。私たちは毎日のようにイエスを知らない人と出会います。私たちはまず、自分に霊の酸素マスクをつけなくてはなりません。つまり、聖書を読み、祈り、御霊に力をいただきましょう。そうするなら、神との正しい関係が保たれます。それがなされて初めて、霊性が研ぎ澄まされ、人を助けることができるようになるでしょう。

at デイリーブレッド公式サイト  from C. P. Hia

どんな時でも神を信頼する

けがの後遺症で慢性的な痛みに20年以上も苦しめられています。激痛の中で神を信頼し賛美するのは容易ではありません。しかし、耐えがたい状況の中でも、神の臨在は私を慰め力づけてくれます。神はとこしえに良きお方であり、御力は無限、御恵みによって平安をくださいます。不信仰の誘惑に駆られるとき、私はシャデラク、メシャク、アベデ・ネゴを思い出します。彼らは非常な逆境の中で真の神を礼拝し、神がともにおられることを信じました。

ネブカデネザル王は金の像を拝むようにこの3人に強要し、逆らえば火の燃える炉に投げ込むと脅しました(ダニ3:13-15)。この3人の勇気とブレない信仰は目を見張るばかりです。彼らは、神が自分たちを迫害から救い出されなかったとしても(18節)、礼拝すべきお方は主だということを、決して疑いませんでした(17節)。神は彼らを放っておかれませんでした。彼らとともに燃える炉の中にいて、彼らを守られました(24-25節)。

神は私たちのことも、放っておかれません。ネブカデネザルの炉と変わらないぐらい破壊的だと感じる試練のときにも、神は私たちとともにおられます。この世では終わらない苦しみを抱えていたとしても、神は常に力あるお方、信頼に値する善良なお方です。神の愛と臨在は絶えることがなく、いつでも頼りになります。

at デイリーブレッド公式サイト  from Xochitl Dixon

イエスはメイゼルを愛す

妹のメイゼルは幼い頃、皆に馴染みの讃美歌を「イエス、我を愛す。聖書がメイゼルに語るので、我、それを知る」と歌っていました。私はそれを聞くたびにいらつきました。「賢いお姉さん」の私は、正しい歌詞は「メイゼルに語る」ではなく「私にそう語る」だと知っていたからです。しかし、妹は思うままの歌詞で歌いつづけました。

今では私も妹が正しかったと思っています。聖書は、イエスが愛しておられるとみんなに語っています。私たちは何度もその真実を聖書の中に見ます。例えば「イエスの愛されたあの弟子」(ヨハ21:7、20)という、ヨハネの記述です。ヨハネは神の愛について「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」(ヨハ3:16)と記しました。

ヨハネはさらに「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです」(Ⅰヨハ4:10)と語り、神の愛を強調しています。ヨハネは自分がイエスに愛されていると知っていました。私たちもまた、ヨハネのように、自分はイエスに愛されていると確信することができます。イエス、我を愛す。聖書がそう告げています。

at デイリーブレッド公式サイト  from Alyson Kieda

団地のクリスマス

近所の団地にはおよそ230世帯が住み、それぞれの生活を営んでいます。10階に住む高齢の女性は、子どもたちが独立して以来、一人暮らしです。その少し先には若い夫婦とふたりの子ども(男の子と女の子)が住んでいます。少し下の階には、若い軍人が住んでいます。以前、教会に来たことがあり、クリスマス礼拝の日にまた来るかもしれません。私は昨年のクリスマスに教会の仲間たちとクリスマスキャロルを歌いながらこの団地を回って、彼らと知り合いました。

いつの時代のクリスマスも最初のクリスマスと同様、神がイエスという名の赤ちゃんになってこの世に来られた、ということを知らない人がたくさんいます(ルカ1:68、2:21)。また、そこに「民全体のためのすばらしい喜び」(2:10)を知らせるという意味があることを知らない人も大勢います。国籍や文化、性別、貧富の差に関わらず、イエスはすべての人の救いのためにいのちをささげ、私たちが神と和解して、神の愛、喜び、平和、希望を享受できるようにしてくださいました。すべての人、私たちのお隣さんや昼食を一緒にする会社の同僚などは、この素晴らしい知らせを聞く必要があるのです。

この素晴らしい福音を最初のクリスマスに届けたのは天の御使いでした。今日、神は私たちを用いて、その知らせを人々に届けたいと願っておられます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Poh Fang Chia

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki