五本指の祈り

祈りは神との対話であって、形式ではありません。しかし、時には形式を利用して祈りを新鮮にすることも必要です。詩篇や「主の祈り」などの聖書のみことばを、そのまま祈るのは一案です。また、「賛美・告白・感謝・願い」という4ステップの祈りもあります。最近、他の人のために祈るときに使える、「五本指の祈り」というのがあると教えられました。 • 手を組んだ時、自分に一番近いのは親指です。まずは、最も近くにいる人、愛する人のために祈りましょう(ピリ1:3~5)。 •...

とてもよい!

ひとつのテーマが流れているような日が続くことがありませんか。私は最近、そのような経験をしました。まず、日曜日の礼拝メッセージは創世記1章からでしたが、牧師は花が開いていく様子を2分間に凝縮した美しい映像を見せました。家でソーシャルネットワークを開くと、様々な人が花の写真を次から次へとアップしていました。後日、森を散歩すると、エンレイソウ、リュウキンカ、野生のアイリスといった春の野花が美しく咲きみだれていました。...

みことばで心を満たす

息子のザビエルが3歳ぐらいの頃、家族で水族館に行きました。私は入口の天井に吊ってある彫刻を指して「ほら、ザトウクジラよ」と教えました。ザビエルは目をまん丸くして「巨大だ!」と言いました。夫は振り向いて「何でそんな言葉を知っているのだろう」と尋ねましたが、私は肩をすぼめて「私たちの会話を聞いていたのかしら?」と言い、こんなに小さい子どもが、教えられてもいない言葉を覚えていることに驚きました。...

仕えるためにいる

教会役員の任命式の中で、牧師と新役員たちは、教会員の見守る中、互いの足を洗いました。これは、教会の指導者は仕えるしもべである、という彼らの立場を象徴した儀式です。...

協力する

孫たち小学生が協力して素晴らしい演奏会をしたことに感動しました。みんなで協力したので、美しい音楽が生まれたのです。 使徒パウロは「大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。私たちは、与えられた恵みに従って、異なった賜物を持っているので…」(ロマ12:5-6)とローマの信徒たちに書き送りました。賜物は、預言する、人に仕える、教える、励ます、与える、指導する、弱い人を助けるなどですが(7-8節)、皆の益のために大いに活用するべきです(Ⅰコリ12:7)。...

静まる

支援物資を積んだトラックで穴だらけの道を走ると、裸足の子どもたちが見つめていました。突然、塀で囲まれた市長の大邸宅が現れましたが、彼はそこにいません。生活必需品にさえ事欠く市民を気にも留めず、遠い町で贅沢に暮らしているのです。...