“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

心の飢え

夫が運転する車で携帯のメールを読んでいると、近所の店の広告が画面に現れて驚きました。つい先程通り過ぎた右側のドーナツ店です。急におなかが鳴りました。テクノロジーを使って客寄せができるとはびっくりです。

その体験をしてからメールを閉じると、神のお気持ちに思いを馳せました。神は私の居場所をいつもご存じで、私をご自分に引き寄せ、私の選択に影響を与えたいと願っておられます。私のおなかはドーナツの広告で鳴りましたが、私の心は主の御声を切に慕い求めているでしょうか。

ヨハネの福音書6章によれば、イエスが奇跡によって5千人に食事をさせられた後、弟子たちは「世にいのちを与える」パンをいつも与えてくださいと熱心に求めました(33-34節)。するとイエスは「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません」(35節)と答えられました。イエスと結びついているなら日々の生活に必要な栄養が与えられるとは、何と驚くべきことでしょう。

ドーナツ店の広告は食欲をそそりましたが、私の刻々の心の状態をご存じの神は、私には常に神が必要であることを忘れないように諭してくださり、神しか与えることのできない糧を受け取るように、招いてくださいます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Elisa Morgan

神は語られる

この世の苦しみの理由について、あらゆる議論がなされますが、ヨブの助けにはなりません(ヨブ記)。その理由は、ヨブの問題は信仰ではなく関係の危機だったからです。ヨブは神を信頼できるでしょうか。彼の願いはただひとつ。己のみじめな運命を説明できるお方にまみえることでした。

ヨブの願いは遂にかない、神は出現されました(参照ヨブ38:1)。しかも皮肉なことに、友人エリフが、神の出現を期待する権利など無いとヨブに説いているその時に、神は来られたのです。

ヨブも、彼の友人たちも、神のみことばに対して準備ができていませんでした。ヨブには、神に対する質問が山ほどありましたが、すぐに問いを発せられたのは、ヨブではなく神でした。神は「さあ、あなたは勇士のように腰に帯を締めよ。わたしはあなたに尋ねる。わたしに示せ」(ヨブ38:3)と語られました。ヨブ記が35章も費やした苦しみに関する議論を無視して、神は自然界の不思議について、壮大な詩を語られたのです。

神の議論は、創造主なる神と取るに足らない小さな人間の間にある大きな隔たりを明らかにします。神の存在は、ヨブの最大の疑問「そこに誰かいるのか?」に対する壮大な答えでした。ヨブは「まことに、私は、自分で悟りえないことを告げました。自分でも知りえない不思議を」(ヨブ42:3)と言うことしかできませんでした。

at デイリーブレッド公式サイト  from Philip Yancey

急流に乗る

ラフティングの指導員は、私たちを川岸に連れて行き、ライフジャケットを着てパドルを持つように言いました。そして、各々の座席を指定しました。全体の重量バランスを整え、ボートが急流を下る際に安定を保つためです。彼は、この川下りの体験がスリル満点であることを強調した後、ボートをうまく操作して急流を下るために、よく聞いて従うべき指示を丁寧に説明しました。そして、この旅は緊張する瞬間もあるけれど、エキサイティングで安全だと請け負いました。

人生は、嫌というほどの激流を体験するラフティングのようだ、というときがあります。神は預言者イザヤを通して「あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない」(イザ43:2)と約束されましたが、このみことばは、最悪の状況に立たされたとき、私たちの心を導いてくれます。イスラエルは自らの罪のために、捕囚の民として強制移動させられました。それで神に拒絶されたと極度に恐れました。しかし、神はイスラエルを愛し、彼らとともにいると約束されました(2、4節)。

神は私たちを激流の中に置き去りにはされません。神は、耐えがたい恐れや痛みを伴う苦難、どれほどの激流であっても、必ず導いてくださると信頼できます。なぜなら、神は私たちを愛し、ともにおられると約束してくださるからです。

at デイリーブレッド公式サイト  from Kirsten Holmberg

時間の贈り物

メモには、やるべきことがいくつも並んでいます。まず郵便局に駆け込みました。すると、ドアの近くまで長い列ができています。私は苛立ち「もう!」とつぶやいて、時計を見ました。そんな時、見知らぬ老人が近寄ってきて「コピー機が使えません。お金は入れましたが、どうしたらいいのか分からないのです」と言って、私の後ろにあるコピー機を指差しました。私は神が何と言っておられるか、直ぐに分かりました。それで列に並ばず、彼の手助けをしました。問題は10分ほどで解決し、老人は、礼を言って去っていきました。それで列に並ぼうと振り返ると、もう誰も待っていません。まっすぐにカウンターに向かいました。

イエスは「与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです」(ルカ6:38)と言われました。あの日の経験は、その言葉を私に思い出させてくれました。

私の慌しさに神が割り込んでくださいました。それで、待ち時間が短く感じられました。他の人の必要に目を向け、自分の時間を与えて人を助けたことで、神からプレゼントをもらいました。この経験を、次に時間を気にしている時にも、教訓として覚えておきたいものです。

at デイリーブレッド公式サイト  from James Banks

天の助け

モールス信号のSOSは遭難を知らせる手段として1905年に考案されました。そして、1910年、ケンタッキー号が沈没する際に使われて、46人の乗組員全員が助かったことで広く知られるようになりました。SOSは比較的最近の発明なのです。

一方、非常事態に助けを求める叫びは非常に古く、人類の歴史と同じ長さと言えます。そのいくつかの例が、旧約聖書のヨシュア記に度々登場します。ヨシュアは民の不満に窮したり(ヨシ9:18)、約束の地を14年以上もかかって占領しました(3:15-17)。しかし、この苦難の間、主はヨシュアとともにおられました(6:27)。

ヨシュア記10章で、イスラエルの民が同盟を組んでいたギブオンの人々を5人の王の攻撃から救うために戦いに行きました。ヨシュアは、大勢の強い敵に勝つために主の助けを求めました(12節)。神は雹を降らせ敵を打たれました。敵を徹底的にやっつける時間を与えるために日を長くさえされたのです。ヨシュア記10章14節は「主がイスラエルのために戦った」と語ります。

今、困難の中にいるなら、神にSOSを送ってください。ヨシュアとは違って、例えば、思いがけない仕事、親切な医者との出会い、悲しみの内にある平安、という助けかもしれません。勇気を出してください。これらは、あなたの叫びに応答する神の助けです。神はあなたのために戦われます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Lisa Samra

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki