“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

多くの美しいもの

宣教師で画家でもあったリリアス・トロッターは、死の直前、窓の外に天の戦車の幻を見ました。彼女の伝記によると「たくさん美しいものが見えるの?」と尋ねた友人に「ええ。本当にたくさんの美しいものを…」と答えたそうです。

トロッターの最期の言葉は、彼女の人生に神が働かれたことを映しています。死だけではなく、生きていく中で、神は多くの美を彼女に啓示されました。成功を約束された画家だったにもかかわらず、宣教師としてアルジェリアで奉仕する道を選びました。恩師で有名な画家のジョン・ラスキンは「なんて無駄なことを」と言ったそうです。

新約聖書には、ある女性がイエスの足に香油を注いだとき、そこにいた人々が「なんて無駄なことを」と批判したことが記されています。この香油は普通の人の一年分の賃金に相当する高価なものだったので、貧しい人を助けるために使えばよいのにと思った人もいました。しかし、イエスは彼女の献身的な愛を「わたしのために、りっぱなことをしてくれたのです」(マコ14:6)と称賛されました。

私たちの毎日は選択です。私たちの生活からイエスが光り輝き、イエスの麗しさが世界に示されるように、自分を差し出しましょう。それを無駄なことと言う人がいるかもしれませんが、自ら進んでイエスに仕えましょう。イエスに「りっぱなことをしてくれたのです」と言っていただけるように。

at デイリーブレッド公式サイト  from Keila Ochoa

神の道を歩む

私は幼い息子の肩に手をやりながら「こっちだよ」と言って、雑踏の中、妻と娘の後を歩くように促しました。家族で遊園地に行ったのですが、時間が経つにつれ、ますます息子から目が離せません。疲れてきたせいで、注意が散漫になってきたからです。私は少々うんざりしてきました。そのとき、ふと思ったのです。「これは私の姿ではないか。自分のしたいようにする誘惑に引かれて、神に従う歩みから、すぐにそれてしまわないだろうか。」

神は預言者イザヤを通して「あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから『これが道だ。これに歩め』と言うことばを聞く」とイスラエルに語られました(イザ30:21)。神はイザヤ書30章の前半でイスラエルの不従順を叱責(しっせき)されています(15節)。しかし、彼らが自分たちのやり方ではなく、神の力を信頼するなら、彼らをあわれみ祝福しようと約束しておられます(18節)。

神の祝福のひとつは、聖霊が導いてくださるという約束です。自分の願いを主に語り、祈って主のみこころを求めるなら、聖霊が導いてくださいます。感謝しましょう。神を信頼して御声に耳を傾けるなら、神は私たちを日々、一歩ずつ、根気強く導いてくださいます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Adam Holz

兄弟の言うことを聞く

近所に住む兄弟の兄の方が「戻っておいで!お兄ちゃんの言うことを聞きなさい」とどんどん離れて行く弟を心配して叫びました。年上の子どもの方が明らかに、その場の状況を把握しています。

自分より成熟している人の賢い助言に耳を傾けず、苦い思いをしたことがありませんか。そういう人は、あなただけではないでしょう。

イエスを信じる人たちの素晴らしい財産のひとつは、信仰を同じくする霊の家族です。この家族には、神を愛し、仲間を愛するしっかりとした大人が含まれています。私たちにも、警告したり苦言を呈したりして、正しい進路に引き戻してくれる人が必要です。これは特に、人間関係の問題で言えることです。正しいことをするのは簡単ではないかもしれません。しかし、イエスは、霊の家族の中で誰かを傷つけるような無礼があったなら、どのように対処すべきか、マタイの福音書18章15節から20節で教えています。

感謝なことに、あわれみに富む天の父は、私たちの周りに神と人を尊重するように促してくれる人々を置いてくださいます。そのような人たちの助言に耳を傾けるなら、私たちの「家族関係」はますます良いものとなるでしょう(マタ18:15)。

at デイリーブレッド公式サイト  from Arthur Jackson

励ます人の恵み

映画「英国王のスピーチ」はジョージ6世の物語です。第二次世界大戦の直前、ラジオの影響力が増していく中、政府は演説上手な王を望んでいましたが、ジョージ6世には、きつ音という問題がありました。私は映画の中で、きつ音を克服しようと苦闘する王を励ます王妃エリザベスに魅力を感じました。彼女の変わることのない献身は、王が障害を乗り越え、戦時中の国家を治めるという責任を担っていく上で、不可欠でした。

聖書は困難な状況の中で「支える」という働きをした人たちの物語に光を当てています。モーセの戦いにはアロンとフルという支えがありました(出17:8-16)。エリサベツは身重のマリヤを励ましました(ルカ1:42-45)。

改宗後のパウロには、バルナバの助けが必要でした。彼の名前は「励ましの子」です。キリストの弟子たちはパウロを恐れていましたが、バルナバは自分の評判を犠牲にする覚悟でパウロを助けました(使9:27)。彼の支援はパウロが信徒の仲間になるために必要でした。また、後には、パウロの宣教旅行の同伴者となり、危険を省みず、ともに福音を伝えました(14章)。

今でもイエスを信じる者は、互いに励まし合い、互いに徳を高め合うように教えられています(Ⅰテサ5:11)。私たちも困難と戦っている人を進んで支え、励ますことができますように。

at デイリーブレッド公式サイト  from Lisa Samra

意外な方法

イギリスのジャージー動物園で1986年、5歳のレバン・メリット君が6メートル下のゴリラの囲いの中に落ち、両親と見物人たちは悲鳴を上げました。ところが大人の雄のゴリラ「ジャンボ」が、動かない少年と他のゴリラたちの間に立ちはだかり、彼の背中を優しくなでたのです。レバンは気が付いて泣き出し、飼育係と救急車の隊員がやって来ました。するとジャンボは、他のゴリラたちを誘導して彼から離れていきました。あれから30年以上経ちますが、レバンは今でも、大きくて優しかったジャンボのことを語ります。その予期せぬ行動は、彼のゴリラに対する印象を完全に変えました。

神は岩を砕く激しい嵐や地震、たけだけしい火を用いて、神が「そうではない」姿をエリヤに示されました。そして、かすかな細い声を使ってご自身の臨在を示されました(Ⅰ列19:11-12)。

エリヤは神の御力を見たことがありました(Ⅰ列18:38-39)。しかし、他の神々よりも強く畏れられるべき神として知られる以上に、神が望まれていることがありました。エリヤには、その御心が分かりませんでした(19:10、14)。

あの細い声は「わたしを見た者は、父を見たのです」(ヨハ14:9)と言われたイエスの強さと優しさを彷彿とさせます。神はそのイエスを十字架につけられました。偉大な神が、愛とあわれみのゆえに、予期せぬ行動を起こされたのです。

at デイリーブレッド公式サイト  from Mart DeHaan

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki