“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。”

マタイ 7:7

If you are here and are searching for something more in life, begin with Jesus.  He truly is the key to finding new life. You can learn more about what Jesus has said even from your own home by reading the Bible and watching the videos here to grow in your knowledge of God.  It is our prayer that meeting Jesus will truly impact your life.

もしあなたが人生の中で足りない部分を探しにここにいらしたのなら,「イエス」から探し始めて見て下さい.彼こそが新しい人生を見つけるために,真に鍵となる人物です.自宅に居ながら,聖書を読んだりここのビデオを観たりすることによって,イエスが何を語ったのかをもっと知ることができ,神様に対する知識が成長するでしょう.イエスに出会うことがみなさんの人生に真のインパクトを与えることになりますようお祈りしております.

新しいライフ

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイ4:4

一人で、聖書の言葉を学ぶ

神が現れた

高齢で亡くなった元帰還兵の告別式で、故人は今どこにいるでしょうと牧師が問いかけました。ところが彼はどうすれば神を知れるのかについて語らず、聖書とは無関係の話をしました。私は思いました。それでは、どこに希望があるのか…。

やがて、最後の賛美のときとなり、私たちは起立して「輝く日を仰ぐ時」を歌って心から神をほめたたえました。するとすぐ、会場の雰囲気が変わりました。3番の半ばまで来ると突然、感情が込み上げてきました。「御神は世人を愛し ひとりの御子を下し世人の救いのために 十字架にかからせたり。」

この賛美歌を歌うときまでは、神は本当にこの葬式に来てくださるのかしらと思っていました。しかし実際は、最初からずっといっしょにおられたのです。

エステル記を見れば、それが分かります。ユダヤ人は異邦人で権力者によって抹殺されようとしていました。しかし、絶体絶命の状況で神を神とも思わない王が、自己防衛の権利を彼らに与えたのです(エス8:11-13)。その結果、彼らは敵に勝利し祝いの日を迎えました(9:17-19)。

神が葬式の賛美歌の歌詞の中に現れても不思議ではありません。なぜなら神は、民族浄化の陰謀をお祝いに、十字架刑を復活とたましいの救いに変えられたのですから…。

at デイリーブレッド公式サイト  from Tim Gustafson

悲しみから喜びへ

ケリーの出産は異常分娩になりました。しかし大変な難産の末、無事に産まれた息子を抱くと、彼女は痛みを忘れてしまいました。苦しみが喜びに変わったのです。

聖書もまた「女が子を産むときには、その時が来たので苦しみます。しかし、子を産んでしまうと、ひとりの人が世に生まれた喜びのために、もはやその激しい苦痛を忘れてしまいます」(ヨハ16:21)と語ります。イエスは、この比喩を用いて弟子たちに説明されました。自分はもうすぐ去るけれど、その悲しみは再会の喜びに変わると言われました(20-22節)。

それはイエスの死と復活、そして、その後のことでした。イエスは復活された後、喜ぶ弟子たちと共に40日を過ごし、彼らを教えられ、その後、弟子たちを残して天に昇られました(使1:3)。弟子たちは置き去りにされたのでしょうか。いいえ、聖霊が下り、弟子たちは再び、喜びで満たされたのです(ヨハ16:7-15、使13:52)。

私たちはイエスを見たことはありませんが、このお方を信じているので、やがてお会いできると確信しています。その時、この世の苦労は忘れ去られるでしょう。しかし、今も喜びが無い訳ではありません。神が私たちにも聖霊をくださったのですから(ロマ15:13、Ⅰペテ1:8-9)。

at デイリーブレッド公式サイト  from Alyson Kieda

あなたはオリジナル

人は皆、神の御手によって造られました。自力で自分を造った人はいません。体格、頭脳、センスの良さを自力で造った人はいません。神が言葉に尽くせない愛を込めて一人ひとりを造られました。

神は一人ひとりの身体、精神、そして、たましいを造られましたが、それは未だ完成していません。神は今も尚、あなたを造っておられます。聖書は「あなたがたのうちに良い働きを始められた方は、キリスト・イエスの日が来るまでにそれを完成させてくださる」(ピリ1:6)と語ります。神はひたすら成熟を目指して、あなたを造りつづけておられます。もっと勇敢で強く、もっと清らかで温厚に、もっと愛情深く献身的な人にしようとされています。

詩篇は「主はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る」(詩100:5)と語ります。「とこしえ」は過去も未来も含むので、神は今までも常にあなたを愛し、その愛はこれから先もずっと変わりません。

私たちには永遠の愛が与えられています。神は決して私たちを見捨てません。それで私たちは「喜び歌いつつ御前に来」るのです(2節)。

歌が上手でなくても大丈夫。聖書には「主に向かって喜びの声をあげよ」(1節)と書いてあるのですから。

at デイリーブレッド公式サイト  from David H. Roper

安らかな住まいの約束

世界の難民の数は今日では6,500万人に上るそうです。紛争や迫害のために母国を追われた人の数は史上最大です。国連は各国の首脳に難民の受け入れを要請しています。すべての人が住まいを得て、すべての子どもが教育を受け、すべての大人が有意義な仕事に就けるように促しています。

難民のために家を作るという夢は、ユダの国に対する神の約束を思い出させます。彼らの家は、残虐なアッシリヤ軍に脅かされていました。神は預言者ミカを選ばれ警告されました。ユダの国は、神殿と愛するエルサレムを失うだろうと言われたのです。しかし、その損失の先に美しい未来があることも約束してくださいました。

神がこの世の人々をご自分の所へ集められるときが来るとミカは語ります。その時、暴力は止み、武器は農具に変わり、神の召しに応えるすべての人は、御国で安らかな住まいと実りある生活を手にします(4:3-4)。

今日、世界の多くの人にとって、またあなたにとっても、安らかな住まいは夢かもしれません。しかし、すべての国の人々に住まいを約束された神の約束を信じましょう。同時に、その住まいがすべての人の現実となるように、祈り、行動し、待ちつづけましょう。

at デイリーブレッド公式サイト  from Amy Peterson

恐れではなく信仰を

夫に海外赴任の話が出たという友人が、「昇進だったけれど辞退してもらったの。私は今の家を離れたくないから」と言いました。しかし、変化を恐れたために新しい扉を開けず、逃してしまったものは何だったのだろうと時々考えるそうです。

イスラエルの民は「乳と蜜」(出33:3)の流れる豊かで肥沃な地に住むように言われましたが、不安で立ちすくみました。その土地は強い人たちが住む大きな町だと聞いて恐れたのです(民13:28)。大多数の人たちは、そこに入ることを拒みました。

しかし、ヨシュアとカレブは「その地の人々を恐れてはならない」なぜなら「主が私たちとともにおられる」からと言い(14:9)、神を信頼するように民を励ましました。彼らは、その地の人がいかに大きく強かったとしても、主が自分たちとともにおられるのだから大丈夫だと信じました。

私の友人の海外赴任は、イスラエルの民のように命令ではありませんでしたが、自分の恐れのせいで、せっかくのチャンスを失ってしまったことを後悔しています。あなたはどうですか。不安に直面していますか。もしそうなら、主があなたとともにおられ、あなたを導いてくださると知ってください。神の愛は尽きることがありません。私たちは信仰によってその神とともに前進できます。

at デイリーブレッド公式サイト  from Amy Boucher Pye

新しい目的

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 マタイ 4:19

わかりやすい解説で、聖書の言葉を学ぶ

3分でわかる聖書

3-minute videos to understand the Bible

初めてでも、聖書をおいしく味わえる3分動画集

お話をしているのは、24年間テレビでキリスト教番組をオンエアしていた中川健一牧師。

『歴史・翻訳・文化的背景』3つの視点を重視しながら、分かりやすく聖書を解説!

イエス様は誰?

聖書はどんな本ですか?

イエス様は神ですか?

質問があればーGotQuestions.orgを見てください。

新しい愛

“父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。” ヨハネ 5:19

グループと、聖書の言葉を学ぶ

Join us for International Worship in Takasaki